“奇跡の65歳”天野佳代子、美容誌史上最年長表紙「透明感と艶は死守したい」

“奇跡の65歳”天野佳代子、美容誌史上最年長表紙「透明感と艶は死守したい」

 美容評論家&ジャーナリストとして、美容好きの女性から圧倒的支持を受ける天野佳代子氏が、9月12日発売予定の『美的GRAND』秋号(小学館)で、「美容誌史上最年長65歳のカバーモデル」として表紙を飾る。中面の特集では「老けない肌・顔・髪」のつくり方から「老けない心」の育て方まで、計50ページ以上にわたり徹底解説する。



【全身ショット】『美魔女コンテスト』グランプリに輝いた54歳・谷口のぶえさん



 天野氏は、日本テレビの『マツコ会議』、『ヒルナンデス』など、人気テレビ番組にも複数回出演し、毎回視聴者から大きな反響を得ている。2019年に発売し、度々重版がかかるほど大反響の、天野氏独自の美容法を解説した単行本『何歳からでも美肌になれる!』(小学館)の発売から3年。本誌では、この3年間で極めたこと、新たな美容法についても紹介する。



 特集は「天野流・透明艶肌の作り方」からスタート。「シワやたるみが多少あっても、透明感と艶は死守したい。清潔感のあるおばあちゃんが目標です」と語る天野氏は、何よりも“代謝”を重視している。汚れをきちんと落とすことを意識し始めて以降、最近は、30代~40代の頃より肌の調子が良いのだそう。こだわりの代謝ケアについて、実際に使用しているアイテムを紹介しながら丁寧に説明する。



 ただ、天野氏曰く「『大人のキレイ』は髪が7割」。意外なことに実は顔よりも髪に投資しているんだとか。天野氏の美容法といえば、「スキンケアは朝しっかり、夜あっさり」「酵素パウダーは毎日使用OK」など、一般的な常識に反する方法として度々話題になるが、美髪の原則も同様に、「白髪染めはしない」がモットー。カラー後、カラー前でシャンプー&コンディショナーを使い分けているという。



 特集内ではおすすめアイテムのほか、ドライヤーやヘアアイロン、通っているヘアサロンまで惜しみなく紹介。そのほか、「天野佳代子的ベストコスメ2022年秋版」や「ナチュラル・デカ目の作り方」「老けない心の育て方」など、内面も外面も美しく輝き続ける天野氏の秘密をぎゅっと凝縮している。
カテゴリ