AKB48・17期研究生が劇場デビュー「今ここに立っているのが信じられない」

AKB48・17期研究生が劇場デビュー「今ここに立っているのが信じられない」

 アイドルグループ・AKB48の17期研究生が4日、東京・秋葉原のAKB48劇場でデビュー公演『ただいま 恋愛中』初日を迎えた。5月にお披露目された17期生初となる劇場公演では、AKB48の60枚目シングル「久しぶりのリップグロス」(10月19日発売)で初選抜入りした佐藤綺星(あいり)らが躍動した。



【写真15点】AKB48劇場デビューを飾った17期研究生の「ただいま 恋愛中」公演



 17期研究生10人のうち8人が出演。冒頭のMCで佐藤は「AKB48劇場は私の人生を変えてくれた場所で、昔、公演を観に来ていた私が、今ここに立っているのが信じられないです。たくさん練習してきたので、ぜひ私のパフォーマンスを見ていただきたいです」とコメント。AKB48最年少で2008年1月生まれ、14歳の畠山希美が「私が生まれる前からあるAKB48劇場(2005年12月オープン)に立ててうれしいです」と話すと、思わず笑いが起こった。



 アンコールで最後の曲を披露する前には水島美結が「17期研究生としての初日公演ということで、どうしても全員そろって皆さんの前で楽曲を披露したい」と切り出し、太田有紀、小濱心音がサプライズで登場。お披露目公演でも披露した「大声ダイヤモンド」を10人でパフォーマンスし、記念すべき第一歩を全員で踏み出した。



■AKB48 17期研究生『ただいま 恋愛中』公演

▼出演者

佐藤綺星、橋本恵理子、畠山希美、平田侑希、布袋百椛、正鋳真優、水島美結、山崎空(※崎=たつさき)

※一部サプライズ出演:太田有紀、小濱心音



■佐藤綺星 コメント

スタッフや関係者の皆様に支えられたからこそ、初日を迎えることができたので感謝の気持ちでいっぱいです! まだスタートラインに立てたばかりなので、よりよい公演を目指してみんなで頑張っていきます!



私はこの公演のセットリストの流れがすごく好きで、最初は明るい曲から始まってだんだんと大人っぽい曲やダークな曲が出てくるところが、ストーリー性があるなと思っていて、この公演をしっかりと表現できるようにみんなで練習しました。パフォーマンスの中でみんなとたくさん目線を合わせているので、普段の仲の良さが伝わったんじゃないかなと思います。



今後は、曲の意味もしっかりと理解しながら、みなさんにより想いが伝わるパフォーマンスをしていきたいです。(AKB48 60thシングル『久しぶりのリップグロス』の初選抜に選ばれて)先輩方と練習したりお仕事をしたりする機会も増えているので、その経験を17期研究生のみんなに言葉で伝えていくだけでなく、選抜に選んでいただいたことに甘えずひたむきに頑張っていく姿勢を見せていきたいです。



■水島美結 コメント

先輩方がキラキラと踊っているこの憧れのステージに立てることが幸せでした。(60thシングルの初選抜に佐藤が選ばれたことに対して)私自身はとてもうれしくて、あいちゃん(佐藤)の次に続けるように自分ももっと頑張りたいと思います。あいちゃんが選ばれたことで17期研究生の意欲も高まったので、すごく感謝しています!



■山崎空コメント

最初は不安な気持ちもあったのですが、10人全員で初日のステージに立つことができて、笑顔を届けることができたのですごく良かったです。小さい頃からAKB48が大好きだったので、このステージに立たせていただいて本当に嬉しいです! 私は見た目的には明るい曲が似合うと思うのですが、歌声的にはかっこいい系の曲の方が得意なので、そこのギャップを見ていただきたいです。



■セットリスト

Overture

01. ただいま 恋愛中

02. くまのぬいぐるみ

03. Only today

04. 7時12分の初恋/佐藤・橋本・布袋・正鋳・山崎

05. 春が来るまで/畠山・平田

06. 純愛のクレッシェンド/正鋳・水島・山崎

07. Faint/佐藤・畠山・平田

08. 帰郷/橋本・布袋・水島

09. ダルイカンジ

10. Mr. Kissman

11. 君が教えてくれた

12. BINGO!

13. 軽蔑していた愛情

【アンコール】

EN1. LOVE CHASE

EN2. 制服が邪魔をする

EN3. なんて素敵な世界に生まれたのだろう

EN4. 大声ダイヤモンド/8人+太田・小濱
カテゴリ