平原綾香、ミュージカル『北斗の拳』ユリア役に熱意も「できればケンシロウがやりたかった」

平原綾香、ミュージカル『北斗の拳』ユリア役に熱意も「できればケンシロウがやりたかった」

 ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳』の制作発表会見が6日、都内で行われた。主演ケンシロウ役・大貫勇輔(34)、Wキャストとなるユリア役・平原綾香(38)とMay'n(32)らが出席し、作品への思いを語った。



【動画】「ケンシロウがやりたかった…」大貫勇輔が華麗な返答?天然発言で笑いを誘った平原綾香



 発表会見前に歌唱披露の場が設けられ、各キャストが全12曲をメドレー形式で披露。大貫は「心の叫び」を、平原とMay'nは「氷と炎」などを歌い上げた。



 今回は再演となり、初演について平原は「私が1番辛いときに自分の命をかけて没頭した作品」と振り返り、「私の心を何度引き裂いて何度抱き締めてくれたことか。一生忘れることはできないです」と特別な思い入れを語った。



 ユリア役について「完成している女性」と紹介し、ユリアとして何が伝えられるのか熱い思いを語ったあと、「できればケンシロウがやりたかったくらい」と告白。「それくらいケンシロウが何かに打ち勝って成長していく役でとてもうらやましかったです」と話し、動揺した大貫に「ぜひWキャストで」と提案され、会場は盛り上がった。その後、May'nも力こぶしを見せながら「私も…いつでも鍛えておりますので」と申し出て、大貫を驚かせていた。



 原作となる漫画『北斗の拳』は、『週刊少年ジャンプ』で1983年~1988年にかけて連載された作品で、最終戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿を描いたストーリー。連載開始から40年近くたった今でも多くの読者に愛されており、コミックスの累計発行部数は全世界で1億部を突破、テレビアニメや劇場版アニメ化もされ、2021年冬に初ミュージカル化を果たした。



 東京公演は、25日~30日までBunkamuraオーチャードホールで開催。その後、10月7日~10日に福岡・キャナルシティ劇場で上演予定。また、中国ミュージカル界を牽引する演劇製作会社Ranspaceの代表・リャン・イービン氏を共同プロデューサーに迎えた今作は、上海公演も予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で上演は叶わず、配信で届けることを計画。今後、中国で上演することを目指す。



 同イベントには、小西遼生(40)、伊礼彼方(40)、上川一哉(35)、植原卓也(34)、上田堪大(33)、清水美依紗(22)、三浦涼介(35)、福井晶一(48)、永井大(44)、石丸さち子氏も出席した。

カテゴリ