後藤剛範、映画初主演作『大事なことほど小声でささやく』公開決定

後藤剛範、映画初主演作『大事なことほど小声でささやく』公開決定

 Netflixシリーズ『全裸監督』のラグビー後藤役などで注目を集めた、俳優の後藤剛範が映画初主演する『大事なことほど小声でささやく』が、10月21日より、東京のシネマート新宿、ユーロスペースほか全国で順次公開されることが発表された。後藤は、マッチョでオカマのゴンママ(権田鉄雄)役を演じる。



【画像】峯岸みなみら共演者の場面写真



 作家・森沢明夫氏の同名小説を実写映画化。原作は2013年に発表、15年に文庫化され12版を重ねる。森沢氏は「人を幸せにするのは人であり、人と人とのつながりの中に人生の素敵な部分がある」ことを描き続け、『虹の岬の喫茶店』、『夏美のホタル』、『あなたへ』など数多くの作品が映画化されてきた。本作もポップな設定と明日への勇気を届けてくれるハートウォーミングな物語が混ざり合い、息の長い人気を集めている。



 スナックを営むゴンママとバーテンダーのカオリの元に集うのは悩みをかかえたジム仲間たち。二人は彼らに”カクテル言葉”を小声で添えて、悩みに寄り添うカクテルを用意する。映画では【歯科医の四海良一夫婦】の物語がクローズアップされ、夫・四海良一役を深水元基、妻・由佳役を遠藤久美子が演じる。



 ある悲しみを抱えた良一が、ゴンママと出会い、徐々に夫婦が再生していく姿を描く。そのほか、ゴンママのスナックに足を運ぶ個性的なキャラクターに、昨年5月、AKB48を卒業し、今年8月に結婚報告のニュースが話題となった峯岸みなみ、俳優としても活躍の幅を広げる大橋彰(アキラ100%)、ニューフェイスの遠藤健慎、硬軟自在の実力派・田中要次、そして、ゴンママのスナックで働くカオリ役には、ミュージカル界の新星・田村芽実。



 監督は森沢作品にほれ込んだ横尾初喜(『ゆらり』『こはく』等)。脚本は劇団時間制作の谷碧仁。いい人が幸せになれると限らない。がんばったって報われない。なんだか理不尽で閉塞感ばかりの今、それでも「人生は生きるに値する」「悲しい時は泣けばいいのよ…」と、スナックのゴンママがきっと観る人にささやいてくれる…そんな優しさに包まれたハート・ウォーミングな映画となっている。



 後藤は「ゴンママという役を体ひとつで演じられたことは役者として糧になりますし、今後も一緒に生きていきたいと思える役に出会えたと思っています。この役を監督はじめみなさんと立ち上げる作業はとても楽しかったですし、監督とはドラマのワンシーンで一度ご一緒しただけなのに声を掛けていただいたことに漢気を感じますし、とても感謝しています」と、コメントしている。
カテゴリ