高橋優、柳葉敏郎・藤あや子ら“秋田県人”とコラボ曲配信 佐々木希「秋田の良さがぎゅっ」

高橋優、柳葉敏郎・藤あや子ら“秋田県人”とコラボ曲配信 佐々木希「秋田の良さがぎゅっ」

 秋田県出身で秋田音楽大使のシンガー・ソングライター高橋優が7日、同郷の著名人・柳葉敏郎、藤あや子、佐々木希らをゲストに迎えた「秋田の行事(feat.柳葉敏郎, 藤あや子, 佐々木希 & 秋田県人会)」を配信リリースした。



【写真】レコーディング時の高橋優&藤あや子、佐々木希との2ショットも



 秋田音楽大使の高橋は「秋田を音楽で盛り上げたい」と、2016年から『秋田CARAVAN MUSIC FES』を主催している。コロナ禍でこの2年間は中止していたが、今月17・18日に3年ぶりに開催。毎回県内で開催地を変え、13市すべてを巡ることを目標に掲げており、今年は北秋田市で行われる。「秋田の行事」は同イベントのテーマソングとして制作された。



 高橋の呼びかけに、もともと交流のあった秋田出身の柳葉、藤、佐々木が集結した。方言を多用した歌詞やかけ声、秋田民謡を取り入れた裏メロディー、和太鼓や津軽三味線、尺八といった楽器など、とことん秋田にこだわってレコーディングが行われた。“秋田県人会”のメンバーにも楽曲参加を呼びかけ、総勢約30人の秋田人が盛り上げに参加した。きょう7日午後9時からはYouTubeの高橋優公式チャンネルでミュージックビデオ(MV)もプレミア公開される。



 高橋は「日本のどこでも、世界のどこでもワイワイみんなで唄って踊れるような楽曲を作りたいと思いました」「柳葉敏郎さん、藤あや子さん、佐々木希さん、そして秋田県人会の皆さんのお力を借りて、この楽曲が力強く響き渡り、聴いていただけるどこかの誰かの光になることを願っています」とコメント。



 柳葉は「高橋優くんのこの曲に対する思い入れがものすごく伝わってきて、それならば参加させていただこうと、少しでも力になれたらなと思って時間を過ごさせていただきました」と参加理由を説明。藤は「みんなでフェスで盛り上がる時には、私も是非参加させてください」と熱望し、佐々木は「この曲を聞いた瞬間、胸がグッと熱くなりました。涙が出るくらい秋田の良さがぎゅっと詰まっていて、優くんには感謝しかありません」と喜んだ。



 秋田県は高齢化と人口減少という課題を抱えるなか、“若者チャレンジ応援事業”を推進している。その考えに共感した高橋は、この楽曲の収益の一部を同事業の活動に寄付することも明かしている。



■高橋優コメント



秋田CARAVAN MUSIC FESのテーマソングを作りました。



と言いつつ、日本のどこでも、世界のどこでもワイワイみんなで唄って踊れるような楽曲を作りたいと思いました。



秋田民謡の掛け声、たとえば「ハイキタサッサーキタサー!」。この言葉を叫ぶと、なんだかよく分からないけれど元気が湧きます。「がんばれ」とか言葉で言われるよりも「ドンドンパンパンドンパンパン!」と掛け声を聴いているだけでウキウキしてくる謎の感覚があります。産まれも育ちも関係なくみんなで唄えること、もしかしたら秋田民謡を作った先人の方々も想像していたのかもしれません。



ぼくはこの魔法のような掛け声に何度も元気をもらって育ちました。父がよく唄っていました。



秋田おばこ節、ドンパン節、長者の山、生保内節など、そこで唄われている掛け声を「秋田の行事」のサビにしました。掛け声は言語の意味を越えて、県境も国境も越えて、きっとどなたでも口ずさんでいただけます。ついでに秋田弁も皆さんに唄っていただけたら幸いです。



バンドサウンドには、秋田民謡に使われる三味線、尺八、太鼓を取り入れました。演奏面でも県境や国境を超越したい思いから、アイリッシュ民謡で奏でられるティンホイッスル、イーリアンパイプ、フィドルを重ねました。



柳葉敏郎さん、藤あや子さん、佐々木希さん、そして秋田県人会の皆さんのお力を借りて、この楽曲が力強く響き渡り、聴いていただけるどこかの誰かの光になることを願っています。



秋田の元気は日本の元気。



もしよければ一緒に口ずさんでみて下さい。なんだかよく分からないけれど、気分が高揚してきます。踊ると案外汗をかきます。

ドンドンパンパンドンパンパン!心の高揚感を止めることなく、明るい未来を想像しつづけて、心底ワクワクしながら、この楽曲をいつかみんなで踊って唄いましょう。



■柳葉・藤・佐々木コメント「優くんには感謝しかありません」



▼柳葉敏郎

とにかく楽しかったです。

お声をかけていただいて、そこに高橋優くんのこの曲に対する思い入れがものすごく伝わってきて、それならば参加させていただこうと、少しでも力になれたらなと思って時間を過ごさせていただきました。



(MV撮影が終わって)とにかく、疲れました(笑)

久しぶりに、この達成感が良い達成感に自分の中では感じられて、作品を通して、それをみなさんの元に伝える事ができれば、こんな幸せな事はないと思います。是非是非、皆さんのお力でまたこの作品を広めていただけたらなと思いますし、この作品を通して、秋田県人のみんなが再開できれば、楽しんじゃないかなって密かに思っております。お疲れ様でした!



▼藤あや子

秋田県人会がスタートで、みなさんとお会いする機会が増えて、このように音楽を楽しめる機会を与えてくださり感謝しています。私は、歌手ですから、参加できる事が、大変光栄な事です。今回の優くんの作品は、子供から年配の方まで、一緒に歌って踊れるような作品なので、どんどん歌って広めて、秋田から全国展開していきたいですね。

今は、大変な時期ですが、コロナが収束していくごとに、みんなで集まって、歌って踊って。この作品はそんな事ができる楽曲だと思います。みんなでフェスで盛り上がる時には、私も是非参加させてください。



▼佐々木希

この曲を聞いた瞬間、胸がグッと熱くなりました。涙が出るくらい秋田の良さがぎゅっと詰まっていて、優くんには感謝しかありません。

秋田県民は大好きな曲になると思います!!そして、秋田の魅力が詰まったこの曲が、全国、全世界に広まるといいな…。

歌も振り付けも、すごく楽しませていただいたので、たくさんの方々に観て聴いていただきたいです。

カテゴリ