カフェでゆっくりした後、そのまま眠れたら最高じゃない?ホテルに併設されたカフェを5つピックアップ@東京


カフェでゆっくりしているとき、「帰るのがちょっと面倒…」「ここで寝られたらなあ」と思うことはありませんか?



そんな願いが叶う、ホテルに併設されたカフェを東京から5つピックアップ。



優雅な1日を過ごせること間違いなしだから、リフレッシュしたい時にも最適ですよ。



Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE/蔵前



蔵前にある「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」

@t0m0k1y / Instagram



最初にご紹介するのは、東京・蔵前にある「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE(ヌイ ホテルアンドバー ラウンジ)」。



天井が高く開放的な雰囲気の1階ラウンジが、カフェスペースになっています。自家製のお菓子が食べられるのはもちろん、週末はランチもやっていますよ。



カフェ、バー、ダイニングの3つの顔を持ち、宿泊者のリビングでもあるNui.のラウンジは、使い方にとらわれない場所だからこそ、好きなときに、思い思いの過ごし方で楽しめるのがステキなポイント。



18時からはバー営業に変わるため、食べたいメニューがある方はカフェタイムに訪れてみてくださいね。



宿泊タイプは、お値段がお手頃なドミトリータイプから、リバービューダブルルームという隅田川が見えるお部屋までたくさんの種類があるので、公式HPを見ながらセレクトしてみてください。



Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

住所:東京都台東区蔵前2-14-13

営業時間:カフェ 平日 8:00~17:00 土日祝 8:00~18:00/バー 18:00~24:30(L.O. 24:00)

定休日:不定休

公式IG:@nui.hostel_bar_lounge

公式HP:https://backpackersjapan.co.jp/nuihostel/





safn°/蔵前



KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELSに併設されているカフェ「safn°」

@_ayg005 / Instagram



お次にご紹介するのは、同じく蔵前にある“美術倉庫の中に現れたカフェレストラン”がコンセプトの「safn°(サフン)」です。店内にあるアート作品はもちろん、食器の1つ1つまでもが美術作品のようにとってもおしゃれ。



併設しているホテル「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」も、アートストレージと宿泊施設が融合したステキな空間になっています。



カフェでは、7:00~9:30まで朝食メニューの「ビーガンブッダボウル+スープ orタルティーヌ+スープ」、それ以降の時間はお肉やお魚、写真のようなスイーツまで、幅広い食事を楽しむことができます。



土日祝日の朝食タイムは、宿泊した方のみが使用できるシステムのため、訪れる際は注意してくださいね。



safn°

住所:東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA東京by THE SHARE HOTELS 1F

営業時間:7:00~22:00 /土日祝10:00~22:00

定休日:不定休

公式IG: @safn_coffee

公式HP:https://safn.jp/





SOOM CAFE/新大久保



新大久保にある「SOOM CAFE」

@ka.2.00 / Instagram



韓国好きさんにぴったりの場所が、新大久保にある「SOOM CAFE(スムカフェ)」。



こちらのカフェは、滞在した利用時間分の料金を払う「時間制カフェ」で、1時間500円~というお手軽なお値段なのが魅力ポイントなんです。



また、時間内はドリンクが全て無料で飲み放題になっており、韓国の飲むお酢「美酢(ミチョ)」をはじめ、コーン茶、レモンウォーターなど、美肌効果を意識したドリンクが飲めますよ。



お菓子やスイーツの持ち込みも可能だから、近くのおしゃカフェメニューをテイクアウトするのもおすすめ。



カプセルユニットは、2500円から泊まることができます。



SOOM CAFE

住所:東京都新宿区百人町1-4-15

営業時間:9:00~22:00(L.O. 21:00)

公式IG: @rembrandt_cabin

公式HP:https://rembrandt-group.com/cabin/





BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU/新宿



新宿にある「BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU」

@____lch._ / Instagram



ブラックカラーのパンが目を引くこちらのカフェは、「BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU(ブック アンド ベット トウキョウ シンジュク」)」。



店内は黒で統一されており、出てくるメニューもブラックカラーを基調としたものばかり。韓国っぽい雰囲気がお好きな方にはたまらないカフェです。



こちらの宿泊施設は「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステルで、最大4000冊収納できる客室を兼ね備えた、大きな本棚がシンボル。



ステキなカフェで過ごして、お気に入りの本を読んで眠りにつく1日は、楽しい日になること間違いなしですよ。



BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8階

営業時間:12:00~20:00 (L.O. 19:00)

公式IG:@bnbt_shinjuku

公式HP:https://bookandbedtokyo.com/ja/shinjuku/





abno/馬喰町



DDD HOTELに併設されているカフェ「abno」

@flora__ison__ / Instagram



最後にご紹介するのは、馬喰町にある「abno(アブノ)」。



こちらはDDD HOTEL(ディーディーディーホテル)というホテルに併設されているカフェで、“Look at coffee in a different light(コーヒーを別の角度から見る)”をコンセプトに掲げている実験的なカフェなんです。



毎朝焼きたてのクロワッサンを使用したたまごサンドは、朝食にも、軽食にも、おやつ代わりにもぴったりなabnoの人気のメニュー。サクフワ食感のクロワッサンは、虜になってしまうこと間違いなしです。



DDD HOTELは、“本当に必要なものを、必要な分だけ、最高の品質で”という、ミニマル・ラグジュアリーなホテル。上質な宿泊体験をしたあとは、カフェで有意義な時間を過ごしてみてくださいね。



abno

住所:東京都中央区日本橋馬喰町 2-2-1 DDD HOTEL 1F

営業時間:10:00~20:00

公式IG: @abno.jp

公式HP:https://dddhotel.jp/abno/





リラックスした1日を過ごせそう



ホテルに併設されたカフェはいかがでしたか?



カフェでゆったりした時間を過ごした後、そのまま眠れるのは最高ですよね。



いつもとは少し違った過ごし方で、リラックスした1日を過ごしてみるのいいかもしれません。



カテゴリ