『六本木クラス』“優香”新木優子が“新”竹内涼真へ愛の告白 三角関係に衝撃展開の第10話

『六本木クラス』“優香”新木優子が“新”竹内涼真へ愛の告白 三角関係に衝撃展開の第10話

 俳優・竹内涼真が主演する、テレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』(毎週木曜 後9:00)の第10話がきょう8日に放送される。今回、苦難が襲う宮部新(竹内)に、楠木優香(新木優子)が人生をかけた愛の告白をする。



【場面カット】夜のブランコで一人…何か思い詰めた表情の平手友梨奈



 第9話の最後で、ついに麻宮葵(平手友梨奈)が気持ちを伝えるが、新から出た言葉は「好きになるな」。雨の中、ひざを抱えて泣きじゃくる葵の姿に、SNSでは、「切ない…」「胸が痛くなる」「ほんと辛い」などの声が寄せられていた。復讐劇に、恋の三角関係に、感情が揺さぶられる中、第10話では、またしても“恋”で衝撃展開が繰り広げられる。



 「二代目みやべ」を襲う苦難の連続に、窮地に立たされながらも必死に前に進み続けようとする新だが、そんな姿を見て優香が「何もかも捨てて、一緒に幸せになろう?」と伝える。これまで新は、優香への思いを不器用ながらさまざまな形で伝え続けてきたが、優香がついに新へ思いを伝える。新と長屋の間でずっと苦しい立場にいた優香が伝えたこの言葉には、並々ならぬ決意が込められているはず。この優香の告白に、新が返す言葉とは…。



 一方、葵との一件で視聴者からは、「この先どうなるの?」と新と葵の関係を気にする声が上がる中、第10話の予告編では葵が「クビにしてください」と告げるシーンが公開された。これまで、ずっと新の側で支えてきた葵が、ついに「二代目みやべ」を、そして新の元を去ってしまうのか。



【第10話あらすじ】

 料理対決番組の結果に納得のいかない長屋茂(香川照之)は、次の勝負の結果次第では長屋龍二(鈴鹿央士)に長屋を継がせないと告げる。すると龍二は、番組の件を全て自分に任せて欲しいと申し出る。何やら「二代目みやべ」に勝つ秘策があるようで…。



 一方、料理対決番組の影響で、「二代目みやべ」の店内は満席、外には行列ができるほどの大にぎわい。しかし、新との一件をきっかけに葵が休暇に入ってしまったうえに、さらに新たちは同時に「二代目みやべ」のフランチャイズ展開も進めていたため、てんやわんや。そんな中、フランチャイズのオーナー説明会のための準備を進めていると、突然、投資家たちから投資の話を白紙に戻したいと連絡が入る。新は、それを知ったフランチャイズのオーナーたちから「どうなるの?」「責任取れ」などと詰め寄られる。実はこの裏には衝撃の事実が隠されていた。「俺は…こんなことで潰れたりしない」――窮地に追い込まれた新が選んだ道とは。
カテゴリ