映画『Dr.コトー診療所』中島みゆきが歌う主題歌「銀の龍の背に乗って」続投 予告映像解禁

映画『Dr.コトー診療所』中島みゆきが歌う主題歌「銀の龍の背に乗って」続投 予告映像解禁

 ドラマシリーズから16年の年月を経て映画化される『Dr.コトー診療所』(12月16日公開)の主題歌が、ドラマシリーズと同じ中島みゆきの名曲「銀の龍の背に乗って」になることが発表された。



【動画】映画『Dr.コトー診療所』主題歌入り予告映像



 『Dr.コトー診療所』では、2003年放送のドラマシーズン1から、04年のスペシャルドラマ、そして06年のドラマシーズン2に至るまで、すべて同曲を主題歌として起用。元々、同ドラマのために書き下ろされた楽曲であり、ドラマとともに一世を風靡(ふうび)した楽曲でもある。映画化が発表されてから、SNS上では「主題歌は必ず『銀の龍~』で!」と待ち望むファンの声も見られた。



 タイトルの「銀の龍」に込められた意味を、中島は「命に向き合いながら孤独に戦う医師たちの心に想いを馳せ、命の水の化身である龍に願いを託したかった。その龍の色が銀色であるのは、手術用のメスの色が銀色だから」と、16年発売の自身のベストアルバム『前途』内で解説している。



 さらに、03年リリース当初には「船が海を渡るとき、その後ろに波を切ってできる白波が立つ。それが太陽に照らされてキラキラ輝いている様子は、まるで“銀の龍”のようだ」と語っていたことからも、ドラマ第1話でコトーが船に乗って志木那島まで向かうシーンを彷彿とさせるような、まさに「Dr.コトー診療所」のための楽曲となっている。本作を手がける中江功監督も「別の曲にするとか、新しい『銀の龍』にするとか、そんな考えは全くありませんでした」とコメントしている。



 あわせて、中島が歌う主題歌を使用したコトーと島の人々の“今”を描いた最新予告映像も解禁。海の向こうにある美しい小さな島で、五島健助=コトー先生(吉岡秀隆)が自転車で往診するシーンから始まり、そこには”今も変わらない島での日常“があるということを、主題歌「銀の龍の背に乗って」にのせて丁寧に描いてる。



 コトーと彩佳(柴咲コウ)が結婚し、新たな命を授かっていることがわかる描写もあり、そこで生きている人々が16年を経ても変わらない様子と16年を経て変わった様子が入り混じった、時の流れを感じる映像となっている。そんな中、コトーの口から「診療所を無くすということですか?」と衝撃の言葉が発せられる場面も。



 16年を経ても変わらない美しく穏やかな島に深刻な面持ちのコトーと涙を見せる彩佳。心に沁みるヒューマンドラマを紡いできたシリーズの続編では、一体どんな物語が描かれるのか。主題歌の「銀の龍の背に乗って」の旋律が相まって、懐かしさと切なさが胸に迫るエモーショナルな予告映像となっている。この予告映像は、来週16日から全国の映画館でも順次上映予定。



■中江功監督のコメント



 『Dr.コトー診療所』は連続ドラマで2シーズンとスペシャルドラマでもやりましたので『コトー』と言えば「銀の龍」、「銀の龍」と言えば『コトー』自分の中でこの2つは一体化していた為、別の曲にするとか、新しい「銀の龍」にするとか、そんな考えは全くありませんでした。それくらい『コトー』は「銀の龍」とイコールだと思ってます。



 「銀の龍」を聴くと今でも20年前からの島の風景と撮影の思い出が浮かんできます。1992年に『親愛なる者へ』というドラマの主題歌(「浅い眠り」)をやっていただき、さらに最終回ではみゆきさんに出演していただきました。私は当時助監督でしたが、打合せの際に普段ドラマとか絶対出ないみゆきさんが出演を受諾していただいたのは、“お父様と同じ産婦人科の役であったから”とプロデューサーにお話ししていたと記憶しています。「医者をやるなら大事にやりたい」と仰っていたのをよく覚えています。



 それから約10年後、『コトー』で医療ドラマをやることになったので、主題歌をお願いするためにラジオ局に会いに行きました。スタジオ前でお会いしたとき、ニッコリと「お久しぶりです。南雲律子です」と10年前のドラマの役名でごあいさつしていただきました。その記憶力のすごさと優しさとユーモアに感動したことは今でも忘れられません。



 打合せのときに『コトー』を“海を超えてやって来た、傷ついた非力なヒーロー”という表現をしたのですが、その通りの素晴らしい曲になりました。曲を作っていただいた後、事務所の方が「【銀の龍】というのは波頭が光って輝いている様を表現しているんです」とこっそり教えてくれました。映像より先に、海からやって来るヒーロー『コトー』のイメージを作ってもらった気がしています。



 最初のシーズンのタイトルバックで崖の上に座ってるコトー先生を撮影したのですが、放送後、島の方から「あそこは龍が昇ってくるところなんだよ」と教えていただき、この曲との縁を感じました。

カテゴリ