『チェイサーゲーム』第1話あらすじ “新堂龍也”渡邊圭祐が曲者揃いのチームに配属

『チェイサーゲーム』第1話あらすじ “新堂龍也”渡邊圭祐が曲者揃いのチームに配属

 俳優の渡邊圭祐が主演を務める、テレビ東京・木ドラ24『チェイサーゲーム』(毎週木曜 深0:30)の第1話が、8日に放送される。



【場面写真】胸を掴まれる渡邊圭祐



 同作は、『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』など数々の人気作の開発を手掛けたゲーム会社・サイバーコネクトツーが制作し、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ同名漫画を実写化したもの。ゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」で働く主人公の新堂龍也(渡邊)が、中間管理職に昇進し、ひと癖もふた癖もあるメンバーに悩みながら、奮闘していく姿を描く。



■第1話あらすじ

龍也は、ゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」入社9年目にしてようやく管理職“シニア”に昇進した。曲者揃いだというチームを引き継いだ龍也は、チームの仕事状況を確認すると上田和範(浜野謙太)の進みが遅いことに気が付く。



データを確認すると、実際は報告よりも進んでいない状況であることが発覚。徹夜で仕事をして追いつくため、夜に再度集まるはずだったが上田は現れなかった。さらに、エースの魚川貴央(東啓介)が怪しい密談をしていることが明らかになる。
カテゴリ