『うる星やつら』クラマ姫役は水樹奈々 コメント公開でラムちゃんコスプレした過去告白「スミマセン(笑)」

『うる星やつら』クラマ姫役は水樹奈々 コメント公開でラムちゃんコスプレした過去告白「スミマセン(笑)」

 36年ぶりとなる完全新作テレビアニメ『うる星やつら』第1期(10月よりフジテレビのノイタミナにて2クール連続放送)の追加キャスト情報&ビジュアルが公開された。メンクイなカラス天狗の女王・クラマ姫を水樹奈々が演じる。



【画像】あふれる大胆ボディ!露出多めなクラマ姫のビジュアル



 水樹演じるクラマ姫は、メンクイなカラス天狗の女王。母星に人間型の男がいないため、“一夜の契り”を結ぶムコを探すため地球にやってきたキャラクター。



 『うる星やつら』について、水樹は「物心ついた時には、自然と側にあった作品です!」と語る。「個性的で魅力的なキャラクター達の、容姿と人格の振り切ったギャップに心鷲掴みにされ、更に一度聴いたら忘れられないTVアニメOP&ED曲とアニメーションも素晴らしく、一瞬にして作品世界に引き込まれたことを覚えています」とし、「超個人的なことですが、以前ラジオの企画でラムちゃんのコスプレをしたことがあります…スミマセン(笑)」と、“大人”になってからの思い出も伝えた。



 自身が演じるクラマ姫については、「一族の為に優秀な子孫を残すという使命に燃え、色男に猛アタックする、真面目過ぎるが故のストレートで極端な行動が、豪快で可愛くて大好きなキャラクターです」と説明。「エネルギッシュなキャラクター達に負けないように、フルパワー真っ向勝負で演じさせていただきましたので、みなさんに楽しんでいただけると嬉しいです!」とアピールした。



 選び抜かれた原作エピソードを全4クールにわたって放送する今作は、主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリー役を高木渉、サクラ役を沢城みゆき、ラン役を花澤香菜、レイ役を小西克幸、おユキ役を早見沙織、弁天役を石上静香が務めることが決まっている。



 『うる星やつら』は、『週刊少年サンデー』で1978年~1987年にて連載された漫画が原作で、地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディー。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切ない…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩る作品となっている。ゲーム化、劇場アニメ化などもされており、テレビアニメが1981年~1986年に放送された。

務めることが決まっている。
カテゴリ