仲野太賀『ジャパニーズスタイル』に市川実日子、要潤、KAZMA、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明ら参戦

仲野太賀『ジャパニーズスタイル』に市川実日子、要潤、KAZMA、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明ら参戦

 仲野太賀主演の土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』(10月スタート 毎週土曜 後11:30)の追加キャストが決定し、市川実日子、要潤、KAZMA(※Zはストローク付き表記)、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明の出演が発表された。



【写真】「移動手段は一輪車」少年のような従業員を演じる石崎ひゅーいほか追加キャスト一覧



 本作は、脚本を金子茂樹氏、監督は深川栄洋氏で、同局初の本格シットコム(シチュエーションコメディの略で、限られた場面設定、登場人物で繰り広げられる連続ドラマ)となる。ほぼ“本番一発勝負”でノンストップ撮影が行われる、何が起こるかわからないライブの臨場感に加えて、豪華ゲストの登場など、毎回さまざまな仕掛けも用意されており、30分間ノンストップの群像劇が繰り広げられる。



 温泉旅館「虹の屋」の三代目である父親に反発し家を飛び出したものの、うだつの上がらない毎日を送っていた柿丘哲郎(仲野)が10年ぶりの帰宅をはたすところから物語は始まる。彼を待ち構えていたのは、口が悪い流しのフラメンコダンサー・ルーシー(市川)、温泉嫌いで潔癖症の支配人・影島(要)、UNO依存症の料理長・浮野(KAZMA)、息子と占いに人生を捧げるシングルマザーの仲居・桃代(檀)と、その母親と一輪車を愛する少年のような従業員・凛吾郎(石崎)、省エネ仕事で40年も旅館にしがみつく古株・梅さんこと梅越(柄本)というひとクセもふたクセもある猛者たち。彼らに翻弄されながらも、哲郎もまた持ち前のクズっぷりを見せて、ドタバタ劇はより加速していく。



 仲野曰く「一緒にお芝居をするうえでこんなに頼もしい共演者の方々はいない」と全幅の信頼を寄せる今回の出演陣。一方で「皆さん個性的ですし、異種格闘技戦みたいになるのでは(笑)」と、本番一発勝負ならではの、先読み不可能な展開の予想を少し不安げに吐露する。市川も、最初に今作の企画を聞いた際の印象を「怖い怖い怖い! 絶対ヤダ!」思いました」と笑いながら答え、檀は「未知の世界に足を踏み入れる前の期待と不安とが入り混じっています」と、揺れる心境を告白した。



 最重要となる脚本を手掛ける金子茂樹氏への信頼も並々ならぬものが感じられ、要は「リズムがすごくいいですね。それぞれのキャラクターが立っていますし、言葉も独特です。寄りも俯瞰も、両方の視点をお持ちなんだなと感じています。非常にバランスがよくて、まさに『ジャパニーズスタイル』のコンセプトに則った脚本だなと思いました」と、今からワクワクしていることを明かし、石崎は「金子さんの世界観の中に、自分が入ることができるという興奮がありました」と喜びを爆発。柄本も「とにもかくにも、やっぱり大事なのは脚本」と、ベテランならではの視点で語る。金子が得意とするスピーディーな会話劇の展開が予想されるが、KAZMAは「金子さんの理想通りにはきっと動けないので、諦めてもらって(笑)」と不敵な笑みを浮かべていた。
カテゴリ