仲野太賀“悠日”の兄の死に関する新事実が発覚 『初恋の悪魔』第8話あらすじ

仲野太賀“悠日”の兄の死に関する新事実が発覚 『初恋の悪魔』第8話あらすじ

 俳優の林遣都と仲野太賀がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)第8話(10日放送)のあらすじと場面写真が公開された。



【全身ショット】『初恋の悪魔』に出演する菅生新樹



 同作は、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『Mother』『Woman』などの人気脚本家・坂元裕二氏が送る小洒落(こじゃれ)てこじれたミステリアスコメディー。境川警察署に勤務し、現在は停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)、部署もバラバラで捜査権を持たない“ワケあり”4人が、それぞれこじれた事情を抱えながら刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する。



■第8話あらすじ



“第3の事件”の容疑者・菜々美に逮捕状が出る。えん罪の可能性が高いと考えた鈴之介、星砂、森園(安田顕)は、署長・雪松(伊藤英明)にターゲットをしぼり調べることに。雪松は、菜々美の逮捕に疑念を抱く鈴之介に、昇進をちらつかせて近付いてくる。



一方、免職となった悠日は、警察署を去る。寄り添ってくれたのは、琉夏だけだった。署から荷物を持ち帰った悠日の元に両親が訪れる。悠日は、失望させてしまったことを両親に謝る。そして思いがけず、朝陽(毎熊克哉)のスマホのパスワードが判明する。



鈴之介、悠日、星砂、琉夏は、スマホの中身を確認。最も疑われる雪松との通話記録は残っていなかった。4人は残された発着履歴を手掛かりに朝陽の行動をたどっていく。朝陽と所縁のあった人々から話を聞くと、朝陽の意外な一面が見えてくるものの、彼の死に関する有力な情報は得られない。自分の知らなかった兄の思いに、悠日は動揺する。



そんな折、発信履歴にあった「みぞれ」という人物から悠日に電話がかかってくる。彼は朝陽のことを知る元刑事だった。みぞれは余命わずかで「死ぬ前に話しておきたかった」と、朝陽との思い出を話し始める。みぞれが語る朝陽の死に関わる新たな事実とは。
カテゴリ