オードリーMC『100カメ』第2シーズン、10・4スタート 若林は「赤ちゃん誕生」の人間ドラマに共感しきり

オードリーMC『100カメ』第2シーズン、10・4スタート 若林は「赤ちゃん誕生」の人間ドラマに共感しきり

 お笑いコンビ・オードリーがMCを務めるNHK総合『100カメ』の第2シーズンが、10月4日よりスタートすることが決定した(毎週火曜後11:00)。



【写真】『100カメ』シーズン2でもMCを続投する春日俊彰



 同番組は、気になる場所・普段は入れない場所に、100台の固定カメラを設置し、人々の生態をつぶさに観察するドキュメンタリー。無人の小型カメラだからこそみられる、飾らない“素”の会話、100台だからこそ捉えられた決定的瞬間など、NHKが作る“新時代のコンテンツ”として、人気を集めてきた。



 シーズン1では、「救急病院」「美容クリニック」「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」「“絶海の孤島青ヶ島」などを発表し、大きな話題を呼んだ。3ヶ月間の休止期間中も、番組公式ツイッターは欠かさず投稿し、番組に登場した人物のその後などを伝えながら、再開を心待ちにするファンとのつながりを強めた。



 10月からは、いよいよ待望のシーズン2が始動。前クールと同じ火曜午後11時で、さらにパワーアップして戻ってくる。再開1本目は「赤ちゃん誕生」で、出産ラッシュを迎えた埼玉の産科病院が舞台となる。この世界に新たな生命が誕生する瞬間に巻き起こる、笑いあり涙ありの人間ドラマに注目だ。若林正恭は、娘の出産に立ち会った時を思い出して、共感しきりとなる。



 翌週以降も、水上で繰り広げられるボートレーサーたちの熱き闘いや、大学のお笑いサークルを舞台にした青春群像劇、深夜0時まで子どもを預かる千葉の夜間保育の現場など、力のこもったラインナップがズラリ。100台のカメラで撮影する、およそ1800時間に及ぶ膨大な素材。それを制作チームが丁寧に観察・編集し、ギュギュッと濃縮して届ける。



■若林正恭

レギュラーは、ずーっと続いていくと思っていたら、やっぱり春の1クールで、「ちょっと休ませてください」ってなって。だから、オレたちというよりも、スタッフさんの体調が心配ですよね。まずは、スタッフの人数を増やして、カメラも増やせばいいんじゃないかな。200カメにして(笑)。われわれは好き勝手しゃべってるだけですよ。OA見ても、お前ら好き勝手しゃべってるなって思います。Vを編集してくれる方も、映ってる方も、本気の人しかいないから。本気じゃないの、ほんと春日だけですから。



■春日俊彰

私も本気でコメントさせてもらっていますよ。手を抜いてるつもりはないですよ。シーズン2もがんばります。私はスタッフさん、3ヶ月くらいの期間空いただけで大丈夫かなって思います。再開が楽しみではありました。けど、5回ぐらいでもう1回休んでもいいんじゃないかって。
カテゴリ