"俺たちのスーパースター"皇治『超RIZIN』参戦か メイウェザー側近に挑発され「モテてしゃーない」

"俺たちのスーパースター"皇治『超RIZIN』参戦か  メイウェザー側近に挑発され「モテてしゃーない」

"俺たちのスーパースター"ことキックボクサーの皇治(33)が、25日に開催される『超RIZIN』に電撃参戦する可能性が浮上した。



【写真】「モテてしゃーない」…相変わらずの皇治節を響かせる



ことの発端は、同大会で朝倉未来と対戦するフロイド・メイウェザーの付き人でボディーガードのジジのインタビュー。メイウェザーと未来の会見でも両者の間に割って入った暴れん坊は、会見翌日のインタビューで、皇治に口撃した。



「日本にはあるファイターがいて、いやピエロと呼ぶべきかな。フロイドの面をかぶり、リングに上がるふざけたヤツがいると聞いた」。これは、かつて那須川天心を挑発する際に皇治がリング上でやったパフォーマンスのことで、ジジは自身が身をもって守り続けるメイウェザーをネタにされたことを忘れてないようだった。



ジジはで「そいつが大会に出る気があるなら、俺も出てどちらが強いかやってみたい。戦って真の勝者を決めよう」と宣戦布告。それから一夜明けると、皇治はツイッターで「この波平どないしたん。 マルコメ君を必死に守っとるオジンにまでモテてしゃーない」とジジを波平、さらにメイウェザーをマルコメ呼ばわりし、相変わらずの皇治節を響かせた。



『超RIZIN』は全4試合の予定で、現在3試合が発表されている。RIZINの榊原CEOは先日の会見で、残り1試合も世界を意識したカードを検討中と明かしていたが、メイウェザーの側近の試合となれば注目度は高く、スーパースター皇治にとっても世界規模のリングは望むところのはず。



果たしてこの試合は正式発表されるのか。RIZINの次なら会見が待たれるところだ。
カテゴリ