田中圭、撮影中にセミ止まるも動じず 小関裕太&堤幸彦監督が驚き「なかなかない」

田中圭、撮影中にセミ止まるも動じず 小関裕太&堤幸彦監督が驚き「なかなかない」

 俳優の田中圭が10日、都内で行われた動画配信サービス「Hulu」で今月17日から独占配信開始予定のドラマ『死神さん2』の配信記念イベントに登場した。



【全身写真】美脚チラリ…イベントに登場した山本舞香



 大倉崇裕氏の『死神さん 嫌われる刑事』(幻冬舎文庫)を原作とする同ドラマは、「死神」と呼ばれ警視庁で最も疎まれ嫌われている再捜査専門の刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)が、事件ごとに代わる相棒とともに、闇に葬られた真相をあぶり出していく1話完結型のドラマ。



 この日のイベントには、相棒役がビデオメッセージを寄せた。第3話で儀藤の相棒役を務める人気声優・香川コジローを演じた小関裕太は撮影中のエピソードとして「セミが重要な時に儀藤さんのここ(胸)に止まった。でも、儀藤さんは、儀藤さんのままで焦ることなく『あぁ』って言ったまま続けた。先輩に対して失礼ですけど『プロだな!』って。ご本人にも言ったんですけど、あの時のプロさは自分自身の励みにもなった」としみじみ。「使われているかわからないですけど…」と小関が続けると、田中は「使われてるわけないだろ!」とツッコミを入れて笑いが起きていた。



 ビデオメッセージ終了後に改めて田中は「神社の端っこで長回しで撮っている時にセミが止まっただけって。『あっセミだ』とは反応したんですけど、そんなにびっくりもしてなくて。そのまま続けて、確かに終わったら小関が『圭さん、スゴいっすね! 今、セミが。いや、スゴいな!』って感動して何回か言ってきた(笑)。そんなに感動してたんですね」と笑う。堤幸彦監督も「なかなかないよ」と驚くと、田中は「でも、長回ししてるとカットってならなくないですか」と動じず。堤監督は「普通、カットかけるよ」と苦笑いしていた。



 そのほか、山本舞香も参加した。
カテゴリ