木内酒造が「石岡のおまつり」で限定商品を販売!ふるさと納税返礼品へ商品提供開始も

木内酒造が「石岡のおまつり」で限定商品を販売!ふるさと納税返礼品へ商品提供開始も

「石岡のおまつり」での限定商品の販売や、ふるさと納税の返礼品として商品提供を開始を発表した木内酒造。その最新情報をチェックしていこう!

「石岡のおまつり」限定のお酒が登場!



木内酒造は、茨城県石岡市で3年ぶりの開催となる「石岡のおまつり(常陸國總社宮例大祭)」に合わせ、9月17日(土)~19日(月)の3日間、JR常磐線・石岡駅西口隣接のかんばん横丁内にある「日の丸ウイスキー石岡 Tasting Room」店舗前で屋台を出店する。

■石岡へ3年ぶりにお祭りが帰ってくる!

新型コロナウイルスの影響で延期されていた「石岡のおまつり」だが、今年は3年ぶりに開催。「石岡のおまつり」は関東三大祭りのうちの一つとされ、JR石岡駅西口周辺は、豪華絢爛な山車や幌獅子の数々で彩られる。この祭りにあわせて、木内酒造の「日の丸ウイスキー石岡 Tasting Room」でも期間中、店舗前に屋台を展開する。

■提供メニューラインアップ

常陸野ネストビール「祭りラガー」は、330ml瓶を500円(税込)で販売。フレッシュな喉越しが特徴でキレのあるラガー。通常のラガーに比べ、柑橘系の華やかなホップの香りを楽しめる。


常陸野ネストビール「ニッポニア」は、茨城県産の金子ゴールデン麦芽、酒米の最高峰である山田錦、ソラチエースホップに加え国産ホップを用いたオールジャパンの“NIPPONIA”だ。麦芽の深いコクと米の芳醇な旨味、ホップの爽やかな柑橘の味わいが楽しめる。樽生サーバーから提供され、販売価格は1杯500円(税込)。


「日の丸ジン蔵風土 ジンソーダ 福来みかん」はオリジナルのビールスピリッツをベースに、ジュニパーベリーや茨城県産福来みかんなどのボタニカルを用いて再蒸留。仕上げに国産のみかん果汁を加えソーダで割った商品で、スパイシーな香り、爽やかなみかんの風味とジンのすっきりしたドライな味わいが魅力だ。同商品は、1缶500円(税込)で販売される。

3つの商品はどれも「石岡のおまつり」限定販売。このほか、「だいだいエール」「ゆずラガー」など、限定以外の商品も用意されるという。

■店舗前以外の場所でも販売

また当日は、「日の丸ウイスキー 石岡 Tasting Room」店舗前のほか、すぐ上の石岡ステーションパーク2階、石岡の地酒で乾杯推進協議会主催の屋台村でも木内酒造のお酒が提供・販売される。ここでしか飲めない木内酒造のお酒をお祭りと共に楽しもう!

木内酒造公式サイト:https://kodawari.cc/news/20220907.html

ふるさと納税返礼品に「日の丸ウイスキー」が登場



また、木内酒造は9月5日(月)より石岡市のふるさと納税の返礼品として「日の丸ウイスキー The 1st Edition」を提供している。

■最新の蒸留施設から誕生したウイスキー


同社は2016年、茨城県那珂市額田のビール工場の一角に小さなハイブリットスチルを設置し、ウイスキーやジンの試験蒸留を開始。それから4年後の2020年、筑波山の東麓にたたずむ、旧公民館をリノベーションした最新の蒸留施設である八郷蒸溜所が茨城県石岡市に完成し、本格的な蒸留をスタートさせた。


そして2022年、八郷蒸溜所で蒸留したウイスキー原酒と額田蒸溜所で蒸留したウイスキー原酒をブレンドしてリリースされたのが「日の丸ウイスキー The 1st Edition」だ。

■石岡市のふるさと納税について

「日の丸ウイスキー The 1st Edition」は、石岡市のふるさと納税の返礼品ページから申し込みが可能。そのほか、常陸野ネストビール「だいだいエール」と木内梅酒のセットなども選ぶことができる。詳細は、石岡市のふるさと納税公式サイトをチェック。木内酒造こだわりのウイスキーをこの機会に味わってみよう。

日の丸ウイスキーについて:https://hinomaruwhisky.com/
ふるさとチョイス:https://www.furusato-tax.jp/city/product/08205

「石岡のおまつり」や石岡市のふるさと納税など、木内酒造のお酒が存分に味わえるさまざまなチャンスをお見逃しなく!

(min)
カテゴリ