杉良太郎、高齢者ダンサーに熱いメッセージ “年齢差78歳”ダンスイベントにEXILE TETSUYAら共感

杉良太郎、高齢者ダンサーに熱いメッセージ “年齢差78歳”ダンスイベントにEXILE TETSUYAら共感

 法務省特別矯正監を務める歌手で俳優の杉良太郎(78)が11日、都内で行われた自身主催の全世代交流ダンスイベント第1回『FIDA GOLD CUP』に登場した。



【写真】選抜メンバーで登場!ダンスパフォーマンスを披露したAKB48



 同イベントは、杉が主催し、世代を超えたダンサーの交流を図ることを目的とした、キッズ、高校生、シニア、プロダンスリーグ「第一生命D.LEAGUE」の各チームが赤・青に分かれたダンス対抗戦。7歳から85歳までの幅広いダンサーがパフォーマンスを披露した。DA PUMP・KENZOが審査委員長、AKB48の向井地美音、MIHO BROWNが審査員を務め、スペシャルサポーターには、EXILE TETSUYAが就任した。



 それぞれのパフォーマンスが終わると、KENZOは「本当に今日は最高のイベントでした! みなさんどうでしたか!」と盛り上げ、「世界中飛び回って思うことが、ダンスがすべてを超えて一つにしてくれる。こんなにいいコンテストってほかに無いんじゃないか。ダンスをやっていて、夢に見た光景がこの場所にあったんじゃないかと思いました」と感激していた。



 TETSUYAは、杉が進めている60歳以上のダンスグループを全国展開するプロジェクトにも協力しており「健康クリエイターの立場でダンスと出会うとどう健康になるのかを見届けたい」と語り、「ダンスと出会うとこんなに健康になるんだという証明もしたい」と意気込んだ。



 そして主催の杉は、会場にいる高齢者ダンサーに対し「老化というのは進んでいくもの。しかしそれを跳ね返す力を今から蓄えてほしい」と伝え、「見ている人たちに勇気を与えるために、来年を目指して気をたしかに持て! 頑張ってね」とメッセージを送った。
カテゴリ