トム・クルーズ、飛行機の上から常軌を逸した演出の動画メッセージが到着

トム・クルーズ、飛行機の上から常軌を逸した演出の動画メッセージが到着

 トム・クルーズ演じるスパイ組織IMFに所属する主人公イーサン・ハントと彼率いるチームの活躍を描く全世界で大ヒットの『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の撮影中のトム・クルーズから動画メッセージが到着した!



【動画】トム・クルーズの動画メッセージ&予告編



 動画は、今年行われた世界最大の映画展示会「シネマコン」でサプライズ発表されたもの。撮影のために会場に参加できなかったトムは『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』撮影中の南アフリカのブライデ・キャニオンの現場からコメントを寄せたのだった。



 メッセージを送るトム・クルーズはまさかの、上空で飛行機に片腕だけで体を支えながら後方に位置するカメラに向かう、まさに“ミッション:インポッシブル”な状況下で、平然とコメントするという、二度見、三度見してしまう、目を疑うようなスタント技で登場する。



 その後、今度は『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の監督であるクリストファー・マッカリーも飛行機で登場し、トムに撮影に戻ろうといなすという、通常のプロモーション動画では考えもつかないような常軌を逸している演出が行われている。



 トム・クルーズといえば、リアルな映像にこだわった迫力のスカイ・アクションムービー『トップガン マーヴェリック』が全世界で歴史的大ヒットを爆走中。日本でもついに劇場公開から16週間、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行した結果2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進し続け、公開100日目(22年9月3日)には、累計興行収入120億円を突破した。さらに1作目『トップガン』4Kニューマスター版と『トップガン マーヴェリック』の“胸熱”必須の2作連続上映の決定、今月9日よりデジタル先行配信がスタート、11月2日にBlu-ray&DVD同時発売と話題が途切れることがない。



 『トップガン マーヴェリック』でも見せたトム・クルーズの超人レベルが新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』でさらなる劇的な進化を遂げているのが間違いないことが伺える映像に、ますます期待が高まる。



 『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』は2023年公開。主人公イーサン・ハントを演じるトム・クルーズのほか、ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル3』以降シリーズ)、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以降シリーズ)、ルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムス(『ミッション:インポッシブル』全シリーズ)など、おなじみのメンバー、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』から参加のホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーが出演。



 また、シリーズ1作目以来の登場となるユージーン・キットリッジ役のヘンリー・ツェーニーがカムバック。そして、本作よりヘイリー・アトウェル(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)、ポム・クレメンティエフ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、イーサイ・モラレス(『バッド・ボーイズ』『ザ・タウン』)が初参加となる。



 予告映像の最後にはバイクで超特大ジャンプを決め崖から真っ逆さまに落下するイーサンの姿が! なお、ロケ地はノルウェーヴェストラン地方の最北部、ムーレ・オ・ロムスダールにある山の断崖絶壁。これまでのシリーズでも数々の超衝撃アクションに挑んできたトム・クルーズは、このシーンにも自ら挑戦している。1万3000回ものバイクジャンプを行い1年以上にもわたるトレーニングを積んだそうで、トム自身も「俳優人生で最も危険なスタントを行った」と語るほどだ。

カテゴリ