柳葉敏郎、中井貴一との共演に喜び「ツーと言えばカーくらいの仲」 『トラベルナース』で外科医役

柳葉敏郎、中井貴一との共演に喜び「ツーと言えばカーくらいの仲」 『トラベルナース』で外科医役

 俳優の松平健、寺島しのぶ、柳葉敏郎が、テレビ朝日系で10月スタートする木曜ドラマ『ザ・トラベルナース』(毎週木曜 後9:00)に出演することが発表された。岡田将生が主演し、中井貴一と看護師コンビを組む注目作で、3人はドラマの舞台となる「天乃総合メディカルセンター」の“長たち”を演じる。



【写真】“ナース姿”の肩組み2ショットで笑顔を見せる岡田将生&中井貴一



 『ドクターX ~外科医・大門未知子~』中園ミホ氏が脚本を手がけ、新たに医療現場を舞台に描く痛快ストーリー。スーツケースひとつで医療現場を渡り歩く、優れたフリーランス看護師“トラベルナース”の那須田歩(岡田)と九鬼静(中井)が、患者ファーストで医療現場を改革していく。



 「天乃総合メディカルセンター」の院長・天乃隆之介を演じるのは松平。VIP患者を優先するなど、トップダウンで経営第一主義を貫く天乃は、歩と静の前に“不穏な存在”として大きく立ちはだかることになる。



 寺島は、強い責任感のもと看護師たちを時にやさしく、時に厳しく教育する看護部長・愛川塔子を演じる。医師の言うことは絶対・3歩下がった看護を心がけ、問題が起きれば院長にひたすら頭を下げる一方、実は職位や職場の体質を改善したいと思っている。



 そして、柳葉が演じるのは、ゴッドハンドと崇められる外科部長・神崎弘行。病院の看板ドクターである彼は、スマートな佇まいとは裏腹に、独りよがりプライドが高い。看護師はもちろん、ほかの医師のことも見下している。そんな神崎は第1話から早々に歩と衝突してしまう。



■柳葉敏郎(神崎弘行役)コメント

オファーを頂き、ありがたいなと思いました。何と言っても、ツーと言えばカーくらいの仲である、きいっちゃん(中井)と久しぶりにお仕事ができる!それが本当に楽しみで、胸が躍りました。実際に撮影に入ってからは、今を役者として担っていく世代の岡田将生くんと、同世代のきいっちゃん、それぞれの世代の情熱を感じられました。岡田くんとは初共演ですが、撮影合間に2人きりでお話したときに、この作品に対する思いを10~20分話してくれたんですよ。「頼もしいな!自分と同じ種類の人間なのかな?」と思いましたね(笑)。僕が演じる神崎は、決して道から外れない人間。あくまで自分は組織の中の1つの駒であり、そこで順当に対応していくという、彼なりの医師としてのポリシーを持って行動しています。なので、岡田くんときいっちゃんが演じられるキャラクターと対局にいる人間という認識で、演じさせていただいています。この作品は医療施設の裏話でもあり、そこに携わる人間たちのヒューマニズムを描いています。ポップな気持ちで見ていただけると、ちょっとした隙間から面白いものを発見できるドラマなので、そんな感覚で見ていただけると、ありがたいです。



■松平健(天乃隆之介・役)コメント

経営第一主義の院長役と聞き、イメージ的には悪役だったので少し迷いましたが、メンバーがすてきな方々だったので挑戦してみようかと思いました。天乃は病院経営のためなら冷酷になれる、非情な男。院長らしく存在感のある人物でありたいと思いながら、演じています。岡田将生さんとは以前共演したこともありますが、とても好青年で努力家。また、中井貴一さんはとても存在感があり、いろいろな役をこなす頼もしい俳優さんです。そんな2人を中心に展開していく『ザ・トラベルナース』は、医療従事者の苦労や笑いが満載。とても楽しいドラマです。
カテゴリ