伊藤万理華&オカモトレイジ“カップル” 「撮られてもよかった」 役作りでプリクラ&公園でおしゃべり

伊藤万理華&オカモトレイジ“カップル” 「撮られてもよかった」 役作りでプリクラ&公園でおしゃべり

 俳優の伊藤万理華(26)、OKAMOTO'Sのオカモトレイジ(31)が12日、都内で行われた映画『もっと超越した所へ。』(10月14日公開)完成報告試写会に登壇した。



【写真】あざとい千葉雄大とハートを作る菊池風磨



 演劇界最高の名誉・岸田國士戯曲賞の最終候補に4度選出された劇作家・根本宗子氏により「映像化不可能」とも言われた2015年の傑作舞台を根本氏自ら映画脚本化。クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、面倒くさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながら、エネルギッシュに生きる様を痛快に描きあげる。



 元々友人ながらカップル役を演じた2人だが、伊藤は「レイジくんは、本格的にお芝居は初めてと聞いて、一緒にプリクラ撮ろうって誘ったり、公園でしゃべろうとか」と役作りを振り返ると、共演の前田敦子(31)や趣里(31)は「いい~」「いいな~」とうらやましげにうならせた。



 「どっちから提案するの?」と興味津々な前田は、伊藤からと聞くと「いい~!」「いいね~!」と再び趣里と深く共感。自分の彼氏役を演じた。前田は彼氏役の菊池風磨(Sexy Zone/27)が人見知りだったことで「そういうことすればよかったのか。風磨くんと公園でしゃべろうは、むずかしい」とぼやくと、菊池は「やりたかったな~」と反応して笑いを誘った。



 伊藤から練習熱心な一面を褒められたオカモトは「万理華ちゃんは元々友だちで。付き合ってもらった感じ」といい、伊藤は「夜の川沿いのベンチで2人でね」とほほえんだ。「2人だけもあったし友だちもあったし。暇さえあれば」というオカモトに、菊池が「それ撮られてたら複雑ですね」とツッコむとオカモトは「撮られても全然いい」とキッパリ。伊藤は「すばらしかった。やりやすかったです」と信頼を寄せていた。



 このほか三浦貴大(36)、千葉雄大(33)、根本宗子(原作・脚本/32)、山岸聖太監督(44)も参加した。
カテゴリ