斉藤由貴の娘・水嶋凜、絶賛続きに戸惑い「ダメ出しを聞きたくなる」 母からは“金言”も

斉藤由貴の娘・水嶋凜、絶賛続きに戸惑い「ダメ出しを聞きたくなる」 母からは“金言”も

 俳優・歌手の斉藤由貴(56)の長女で俳優・水嶋凜(22)が12日、大阪市内で主演ミュージカル『シンデレラストーリー』大阪公演(10月7日~10日、梅田芸術劇場メインホール)に向けた囲み取材に出席した。



【写真】圧倒的透明感…今年7月に歌手デビューを果たした水嶋凜



 水嶋は、初舞台にして初主演に抜てきされ、シンデレラ役を加藤梨里香とWキャストで演じている。今月6日に東京・日本青年館ホールで初日を迎え、19日まで続くスケジュールの休演日に来阪が実現した。



 けいこを経て本番に励む日々を「自分のできなさ、おぼえの悪さに直面している」と謙虚に語り、共演者たちへ「本当にやさしくて、常に助けてくれて、的確なアドバイスくれる」と感謝しきり。緊張感の一方で「笑いにあふれて、ただただ楽しい現場」「お姉さま方もお兄さま方もすごくやさしい」と充実の笑顔がはじけた。



 これまでの反響は「うれしいことばかり」で、「感動したよ、応援したくなったよ、初めてと思えないよと、ほめてもらえてばっかり。逆にダメ出しを聞きたくなる」とはにかんだ。一方、「2、3回ぐらい観に来てくれた」という母・斉藤からは“ダメ出しの紙”をもらったといい、「はっきりとおぼえてないけれど、最後のまとめみたいなところに、『本心でそう思ってセリフを言えば、演技も心も動く』と(書かれてあった)」と“金言”を明かしていた。



 同作は、劇作家・鴻上尚史氏が不朽の童話『シンデレラ』を子どもから大人まで楽しめるように書き下ろしたミュージカルで、17年ぶりの再演となる。魔法が解けたのに、なぜガラスの靴だけそのままだったのか、なぜ家事ばかりしていたのに華麗なダンスを踊れたのかなど、シンデレラをリアルに描くストーリー。
カテゴリ