小麦のフードフェス『麦フェス2022』、3年ぶりのリアルイベントを開催

小麦のフードフェス『麦フェス2022』、3年ぶりのリアルイベントを開催


「新麦コレクション」は、国内唯一の小麦のフードフェス『麦フェス2022』を3年ぶりにリアルイベントにて開催する。

麦フェスの3年ぶりにリアルイベント



今年は、ラジオ局「J-WAVE(81.3FM)」による複合型の都市フェス「J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market」とコラボレーション。

9月17日(土)、18日(日)、19日(月)の3日間、東京・渋谷区の国立代々木競技場マーケットエリアにて開催する。

麦フェスについて



「麦フェス」は、小麦職人(ベーカリー、ラーメン店、ピザ店などの料理人)、小麦農家、製粉会社、流通業者たちによる、その年に収穫した「日本の小麦=“新麦”」を味わい、自然の恵みに感謝を捧げるフードフェスだ。


「麦フェス」は、人気店のパン・ラーメン・お菓子を求める多くのユーザーで賑わっていた。また、2020年~21年はオンラインでの販売を行い、5ヶ月で5.5万人のユーザーが訪れ、大好評に終わったそうだ。

例年入場チケットは完売


同イベントは、2016年より毎年秋に開催し、例年入場チケットは完売。2022年は待望のリアルイベントにて「麦フェス」の開催が決定。J-WAVEによる音楽ライブやアートイベントとともに、国立代々木競技場エリアを盛り上げる。

国産の“新麦”を使用した商品が楽しめる



“新麦”とは、収穫したて・挽きたての小麦のこと。獲れたて、挽きたての“新麦”を楽しめるのは年にわずか数か月。「麦フェス」で販売される商品はすべて、国産の“新麦”を使用した、その季節にしか味わうことのできない限定品。

人気店が参加


「麦フェスエリア」では、通期で15店以上の人気ベーカリーによる新麦パンの販売や、「らぁ麺 飯田商店」の「新麦らぁ麺」をはじめ、ピザの世界大会受賞経験を持つ「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ」が窯つきキッチンカーで焼き上げる「新麦ピザ」、自然派ワインとお好み焼きの名店・「赤い部屋」による「新麦お好み焼き」、「うどんAGATA」の「新麦混ぜうどん」、表参道と福岡のベーカリー、中目黒のドーナツショップで連日行列をつくる「アマムダコタン」の「新麦パスタ」など、フーディーにはたまらないラインナップの参加店。

会場でしか食べることのできない新麦フードが勢揃いだ。今後も続々と、人気店の参加決定が予定されているそうだ。

さらに、農家による小麦の紹介や、小麦フードとあわせて楽しみたいワインやドリンクも登場。

今しか味わえない国産小麦“新麦”を楽しめる『麦フェス2022』に参加してみては。

■麦フェス2022 in “J-WAVE presents INSPIRE TOKYO BEST MUSIC & MARKET”
期間:9月17日(土)、18日(日)、19日(月)売切れ次第終了
会場:国立代々木競技場 外周
住所:東京都渋谷区神南2-1-1
入場:無料
麦フェス2022特設サイト:https://mugifes.jp/

(角谷良平)
カテゴリ