米倉涼子、髪を切ったのはこのためだった 配信ドラマ『エンジェルフライト』主演

米倉涼子、髪を切ったのはこのためだった 配信ドラマ『エンジェルフライト』主演

 俳優の米倉涼子が主演する、Amazon Originalドラマ『エンジェルフライト』が2023年春よりPrime Videoで独占配信されることが発表された。「第10回開高健ノンフィクション賞」を受賞した、佐々涼子氏の「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」が原作のヒューマンドラマ。俳優人生史上最短のヘアスタイルにしたのは、同作の役作りのため。異国で亡くなられた遺体を母国の遺族の元に届ける国際霊柩送還士・伊沢那美(エンジェルハース社社長)を演じる。



【画像】遺体の修復も「失敗ないので!」と聞こえてきそうなメイキング写真



 出演オファーを受ける以前に偶然にも原作を読んでいたという米倉は「原作がとてもすばらしくて、すぐに二度読み返したくらいに感銘を受けました。なので、出演のお話をいただいた時に『ぜひやらせていらだきたい!』と即答しました」と出演への意気込みを語る。



 今回のドラマでは、『コンフィデンスマンJP』シリーズや、来年の大河ドラマ『どうする家康』の脚本でも注目されている古沢良太氏と、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』シリーズや『緊急取調室』シリーズなどヒットドラマを手がける香坂隆史氏の両氏が、ドラマオリジナルのエピソードを脚本化し、国境を越えて遺体を遺族の元へ送り届ける国際霊柩送還士の姿を感動的に描く。



 解禁されたメイキング画像は、エンジェルハース社のユニフォームに身を包む那美が遺体処置を行う緊迫の瞬間を切り取ったもので、真剣な眼差しが印象的。実は、那美は口が悪く、負けん気が人一倍強いキャラクター。彼女は遺体の送還業務に携わる中、複雑な国際情勢や遺族たちのトラブルに巻き込まれながらも、一刻も早く損傷した遺体を送還し、修復を行うために日々戦っていく。そして、人並外れた情の深さと持ち前のパワーで周囲の人々を巻き込みながら、「必ずご遺体とご遺族に最後のお別れをさせてあげる!」という信念を貫き通す。もう何も語ることのできない遺体の想いを代弁し、残された遺族の悲しみにそっと寄り添う那美の姿に感動すること必至だ。



 米倉は「脚本も大変素晴らしく、エンジェルハースのメンバーのバックグラウンドが細かく描かれていて、涙しながら読んでいます。国際霊柩送還士の仕事は、亡くなられた方のご遺体だけではなく、ご遺族も知らなかった故人の秘めた想いも搬送します。エンジェルハースの仲間たちとのユーモラスな掛け合い、そして亡くなられた方と残されたご遺族との絆や愛情の物語など、各話見終わる度にどこか心が温かくなるような、素敵な作品になっていると思います」と、見どころを明かしている。
カテゴリ