ディズニー100周年記念作品『ウィッシュ』2023年冬に日本公開決定

ディズニー100周年記念作品『ウィッシュ』2023年冬に日本公開決定

 米カリフォルニア州アナハイム(現地時間9日)で行われたディズニーファンイベント「D23 Expo」にて、2023年に創立100周年を迎えるウォルト・ディズニー・カンパニーの記念作品として発表された『WISH』が、『ウィッシュ』の邦題で2023年冬に日本公開されることが発表された。



【動画】「D23 Expo」フォトギャラリー



 1923年10月16日ウォルト・ディズニーと彼の兄によって設立された、ディズニー・ブラザース・カートゥーン・スタジオ。これが今日まで続く、ウォルト・ディズニー・カンパニーのはじまり。世界で最も有名な大人気キャラクター、ミッキーマウスのスクリーンデビュー作品『蒸気船ウィリー』をはじめ、世界初のフルカラー長編アニメーションとなる『白雪姫』を誕生させた。



 その後、ディズニーは数々の長編アニメーション映画を世に送り出し、2022年11月23日に公開される『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』までで61作品に及ぶ。これらの比類なき物語からは次々と人気キャラクターたちが登場し、今ではテーマパークや商品など多岐にわたって世界を虜(とりこ)にし続ける存在に。ディズニーにとって“アニメーション”は原点にして、まさに真髄といえる。



 そんなディズニーから100周年を飾る記念作として発表された『ウィッシュ』は、長きにわたりディズニー作品が描き続けてきた“願いの力”を真正面からテーマとして描く、100年の歴史の集大成とも言うべき作品だ。



 これまでディズニー作品の主人公たちは強く願う力で道を切り開いてきたが、本作はそんなどの作品の世界より前から存在するファンタジーの世界、どんな“願い”も叶うと言われている “ロサス王国”を舞台にした物語。



 主人公となるヒロインは、17歳のアーシャ。前向きで明るく、リーダーの素質を持ち、王国の人々を大切に思っている彼女は、ある出来事によって王国に隠された秘密を知り、ディズニーの歴史で最も恐ろしい敵と対峙し、立ち上がることを決心する。



 今回解禁となったファーストルックでは、ヒロインのアーシャと相棒となるヤギのヴァレンティノが木に座り、無数の“願い星”が輝く夜空に包まれた王国を、愛おしむように見つめている姿が描かれている。今回制作にあたり、ウォルトの初期の長編作を参考に、古典的映画とコンテンポラリーをミックスしたアイディアを取り入れ、タイムレスな水彩画と、3Gアニメーションをブレンドした新たな描き方を開発したディズニー。ファーストルックからも既に懐かしくも新しい質感が感じられる。



 本作の監督は、『アナと雪の女王』1,2作目を手掛けたクリス・バックと、『アナと雪の女王』や『ズートピア』などのストーリーアーティストを担当したファウン・ヴィーラスンソーン。脚本は、クリスと同じく『アナと雪の女王』1、2作を手がけ、現在はディズニー・アニメーション・スタジオのクリエイティブ・オフィサーでもあるジェニファー・リーが担当。



 プロデューサーは、『アナと雪の女王』を手がけたピーター・デル・ヴェッコと、近年制作された『ミラベルと魔法だらけの家』『アナと雪の女王2』を担当したフアン・パブロ・レイジェスが務め、レガシーを受け継いできた世代の異なるメンバーが初のタッグを組み、ディズニーの総力を結集したこん身の一作を誕生させる。



 100周年を記念する本作について監督のクリスは「ウォルト・ディズニー・アニメーションの100周年を祝福する映画を作ることができるなんて、本当に特別なことなんだ。この映画はとても独創的。独創的な音楽にキャラクター、そしてストーリー。でも、ウォルト・ディズニー・アニメーションの伝統はしっかり受け継いでいる。ウォルトが世界にもたらしたものや、いかにして僕たちがウォルトにインスパイアされてストーリーテラーになったかという点でね」と、ウォルトへの敬意を込めて制作していると話した。



 また、ファウンは100周年を飾るタイトルでもある“願い”について、「私たちはキャラクターが星に願いをかけるところが大好きなの。私たちは、あれは何なんだろう?と深く考えたのよ。星に願いをかけるというのはどこから来たのだろう? 夢を追うというのはどういう意味なのだろう?ってね。」と本作がこれまでの長いディズニー・アニメーションの歴史から着想を得たことを明かした。



 「D23 EXPO」で最新映画プレゼンテーションのトリを飾った映画『ウィッシュ』。本作は、ディズニーらしいミュージカル作品でもある。



 ヒロイン・アーシャの声優には、『ウエスト・サイド・ストーリー』で「第94回アカデミー賞」助演女優賞を受賞したアリアナ・デボーズがキャスティングされた。「D23」では、初披露となる劇中歌「More for Us(原題)」を生歌唱。今回お披露目となった楽曲は、アーシャがロサス王国の危機を知った時、星に強く“願い”をかける重要なシーンで歌われる曲。



 監督のクリスはこの楽曲について「劇中で最初の方に登場する歌の1つで、“願い”について歌った華麗なバラードなんだ。愛する人たちのための“願い”の気持ちがアーシャの中でどんどん強くなっていく様を表現した歌だよ。すごく美しいメッセージだと思う」と明かしており、『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」や『リトル・マーメイド』の「パート・オブ・ユア・ワールド」などヒロインの心情を表現した数々の楽曲の中でも今回は、強い“願い”が込められた一曲になっている。



 今回音楽を担当するのは、「第60回グラミー賞」主要2部門にノミネートし、ジャスティン・ビーバー、エド・シーランら有名アーティストへの楽曲提供をするなど、世界的ヒット・ソング・ライター兼アーティストとして活躍しているジュリア・マイケルズ。「More for Us(原題)」がお披露目されたことで、ミュージカルナンバーにも注目が集まっており、ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンや『アナと雪の女王』のロバート&クリステン・ロペス夫妻に続く、ディズニー新世代の作曲家となりそうだ。
カテゴリ