安達寛高×天野喜孝のネトフリアニメ『エクセプション』音楽は坂本龍一 日本語吹替版キャスト発表

安達寛高×天野喜孝のネトフリアニメ『エクセプション』音楽は坂本龍一 日本語吹替版キャスト発表

 Netflixのオリジナルアニメシリーズ『エクセプション』が10月13日より全世界独占配信される。同作は、小説家・映画監督として活動する安達寛高(乙一)が原作・脚本を手がけ、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザイン等で知られる天野喜孝がキャラクターデザインを務める、“恐怖”のスペースホラーSF。配信日決定に加え、音楽を坂本龍一、日本語吹替版を小林親弘、櫻井孝宏、甲斐田裕子、星野貴紀、種崎敦美(※崎=たつさき)らで演じることが明らかになった。



【動画】ネトフリアニメ『エクセプション』予告編



 物語の舞台は、はるか先の未来―。人類は地球を追われ、ほかの銀河系への移住を余儀なくされていた。宇宙に新たな居住地を求め、惑星の探索をするために派遣された先遣隊のメンバーたち。実は彼らは、〈生体3D プリンター〉によって“プリントアウト”された“人間”。オリジナルは安全な場所で冷凍睡眠しているのだ。映像では、そんな“コピー”された彼らがミッションに挑もうとする姿が描かれるが、閉ざされた宇宙船という空間の中で、“ある恐怖”が彼らへ容赦なく襲い掛かっていく。



 突如、システムの不具合が発生し、クルーのひとりであるルイス(CV:小林)が“異形の怪物”の姿でミスプリントされてしまう。凶暴なルイスに襲われるニーナ(CV:甲斐田)、マック(CV:櫻井)、パティ(CV:種崎)、オスカー(CV:星野)の4人と、再び“プリントアウト”されたルイス…。一切逃げ場のない絶体絶命のシチュエーションの中で、恐怖を感じながらミッション終了へのカウントダウンが始まる――。



 音楽を担当した坂本は、本作へ参加した経緯について、「元々SFが好きなのと、脚本を読んでこの映像を観てみたいと感じたので参加しようと思いました」と振り返る。興味を強くひかれた物語については、「現代においてクローンなどの遺伝子操作技術が進んでいるが、そこで問われるのは『生』とは何か、『ヒューマニティ』とは何かということだと思います。それを真正面から扱っている作品です」と解説。



 今回制作した楽曲については、「メインテーマは『スターウォーズ』以来のSF 映画の定番であるシンフォニックな音楽にしたかった。オリジナルサウンドトラック(OST)全体としては、暗いアンビエントなものにしつつ、シーンごとではなく、全体を通して一つの楽曲になるように努めたつもりです。とはいっても戦闘シーンなどはある程度激しい音も入れましたが。本人としてはとても気に入ったOST になりました」と語っている。



 監督は、『Transformers:Titans Return』のサトウユーゾー。アニメーション制作は、タツノコプロ(BAKKEN RECORD)とCGプロダクションの5が担当した。脚本、キャラクターデザイン、制作、音楽、声…さまざまな分野でのトップランナーたちが集結し、各々の独創性が随所で垣間見える予告編とキービジュアルも解禁となった。

カテゴリ