JO1、初アリーナツアー大阪公演 メンバー5人が地元凱旋 「邪魔すんで~」のミニコントも披露

JO1、初アリーナツアー大阪公演 メンバー5人が地元凱旋 「邪魔すんで~」のミニコントも披露

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1が11日、丸善インテックアリーナ大阪でデビュー以来初となるアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』の大阪公演を終えた。



【ライブ写真】圧巻のシンクロダンスでJAMを魅了したJO1



 11人のメンバーのうち、大平祥生、川西拓実、金城碧海、河野純喜、鶴房汐恩の5人が関西出身で、デビュー後初めての関西凱旋となった。全楽曲生バンドの編成となる今回の公演では冒頭から圧巻のシンクロダンスパフォーマンスを披露し、熱気に包まれた。2階席の隅々まで多くのJAM(ファンネーム)のペンライトの光で埋め尽くされた客席を見た木全翔也は「入ってきてびっくりした、壁も光っとるやん」と大喜びだった。



 京都出身の大平は、会場近くの自動車教習所に通っていたことを明かし、「ここら辺のあたり、教習所の車でめっちゃ走ってた。思い出のある場所」としみじみ。大阪出身の金城は、「この会場で昔初めての空手の試合をした」と振り返り、ファンを盛り上げた。



 ライブ前日、たこ焼きを24個も食べたという川尻蓮は、「客席がたこ焼きに見えます。ひっくり返しちゃうぞ!」とジョークで笑わせ、東京出身の白岩瑠姫は「大阪のみんなー! めっちゃ好きやで」と関西弁で愛を伝え、JAMを喜ばせた。ほかにも「邪魔すんで~」「邪魔すんねやったら帰って~」と掛け合い、本当にステージ袖に帰るなど、関西ノリを楽しんでいた。



 アルバム『KIZUNA』を引っさげ、全国5都市で開催する今回のアリーナツアーは、愛知、大阪が終了し、今後は横浜、福岡、東京と続く。また、22日の福岡公演はライブストリーミング配信が決定している。
カテゴリ