冒険ファンタジーの原点となった『ウィロー』続編ドラマシリーズ予告映像

冒険ファンタジーの原点となった『ウィロー』続編ドラマシリーズ予告映像

 「スター・ウォーズ」シリーズや「インディ・ジョーンズ」シリーズを生み出したジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アカデミー賞受賞監督のロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988年)が、34年ぶりの時を経て、ディズニープラス オリジナルシリーズとしてドラマ化。動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で11月30日より独占配信される。前作から20年後の世界を舞台にした新シリーズの予告映像とキービジュアルが解禁となった。



【動画】冒険ファンタジーの原点となった『ウィロー』続編ドラマシリーズ予告映像



 映画『ウィロー』は、魔法使い見習いの主人公ウィローが、仲間たちとともに邪悪な魔女から世界を救う冒険譚で、公開当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの稀代のヒットメーカーの新作とあって大きな話題を呼んだ。これまで誰も見たことのないような剣と魔法のファンタジックな世界を、当時の最先端視覚効果で見事に描き切り、それ以降のファンタジー作品に大きな影響を与えてきた。



 新シリーズ『ウィロー』では、邪悪な気配をまとった新たな脅威が動き出し、再び王国に危機が迫り、ウィローと若き冒険者たちの新たな旅が始まるのだった。邪悪な魔法使いやトロールたちが住む危険な世界に、平和をもたらすことはできるのか?



 公開された映像には、時を経て伝説になった魔法使い見習いウィローと、ともに旅をする新たな仲間たち、そして彼らが体験する危険に満ちあふれた神秘の世界での旅路が映し出される。



 偉大な冒険を征し、自分の村で静かに暮らすウィローの平穏な生活は、王国の危機の知らせで終わりを告げる。半ば無理やり旅に参加させられるウィローではあったが、かつての仲間で王国の女王ソーシャが自分の助けを求めていることを知った

時、ウィローは再び危険に身を投じる覚悟をする。



 さらに彼の心を動かしたのは、新たな旅の仲間の存在。ソーシャの娘で反骨精神あふれるプリンセスのキットや、キットの親友ジェード、子どもの頃から魔法使いに憧れていたというグレイドン、城のキッチンメイドで王子エイクに恋心を抱くドーヴ、そして粗野で一匹狼のブアマンなど、皆、個性的な若者だ。



 このほか映像の中には、これまで見たこともないような神秘の世界の一端や、手に汗握るエキサイティングなソードアクションと魔法を駆使したバトル、そして彼らを待ち受ける、何やら邪悪な気配を漂わせる存在もチラリと映り込む。壮大で高揚感のあるテーマ曲と映像美の相乗効果で、ウィローたちの旅が想像を超えた大冒険になることを予感させる。



 前作から引き続きウィローとソーシャを演じるのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83年)や「ハリー・ポッター」シリーズに出演するワーウィック・デイヴィスと、ジョアンヌ・ウォーリー。



 そして若き冒険者たちには、ドラマ『キャッスル・ロック』(2018年)のルビー・クルス(キット役)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18年)や、ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』(21年)のエリン・ケリーマン(ジェード役)、トム・ホランド版「スパイダーマン」シリーズのトニー・レヴォロリ(グレイドン役)、『くるみ割り人形と秘密の王国』(18年)のエリー・バンバー(ドーヴ役)、映画『ザ・サイレンス 闇のハンター』(19年)のデンプシー・ブリク(エイク役)、『アラジン』(19年)のアマール・チャーダ・パテル(ブアマン役)など、注目の若手俳優陣が集結した。



 製作陣には、前作の監督を務めたアカデミー賞受賞監督のロン・ハワードや、ルーカスフィルムの社長を務めるキャスリーン・ケネディ、そして『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本を務めたジョナサン・カスダンなど、ハリウッドのトップメーカーたちが顔をそろえている。



■「D23」でクリスチャン・スレーターの出演を発表



 米アナハイムで開催されたディズニーファンイベント「D23 Expo」で現地時間10日に行われたスタジオショーケース内で、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、『トゥルー・ロマンス』などで知られるクリスチャン・スレーターが、ヴァル・キルマーが演じたマッドマーティガンの友人役で出演することがサプライズ発表された。



 ワーウィック・デイヴィスが本作に出演もしている娘のアナベルとイベントに登場。「ウィローを再び演じたいと思っていたので、本当に素晴らしい経験になりました。娘のアナベルをはじめ、新キャストの皆さんはすばらしかったです。新しいキャラクターが加わって、混ざり合うのはとても良いことなんです」と再びウィローを演じる喜びを語り、前作でソーシャ姫を演じたジョアンヌ・ウォーリーと、エリン・ケリーマン、エリー・バンバー、ルビー・クルス、トニー・レヴォロリ、デンプシー・ブリク、アマール・チャーダ・パテルら新しいキャラクターを演じるキャストたちをステージに招き入れた。



 クリスチャン・スレーターは、「ファンタジーやSF が大好きで、この作品に参加できたことは、夢が叶った思いです。演じたのはとてもおもしろいキャラクターで、アドリブを入れたり、その場でいろいろ思いついたことを試したりして、撮影を楽しみました」と語った。



■「D23 Expo」 登壇者コメント



▼ワーウィック・デイヴィス



 この会場にはたくさんの魔法があるようだ。『ウィロー』は僕の心の中の特別な場所にある。どこにでもいるようなキャラクターだけど、大方の予想に反して、強い力を持つヒーローだ。以前からのファンのみなさんと新しいファンのみなさんと一緒に、この魔法の世界とウィローの物語の次の章を始められることを嬉しく思います。戻ってくることができて本当に光栄です。



▼ジョアンヌ・ウォーリー



 私たちは前作でもとても楽しい時間を過ごしたから、また一緒にいられることは本当にうれしかったわ。この作品は待ち望まれたものだから、またこの作品を作れることはすばらしいことだと思う。それと、このキャラクターを演じるのもうれしいわ。彼女はすばらしい人だから。とても楽しかったわ。



▼エリン・ケリーマン



 ジェイドが剣を持って戦うシーンがたくさんあります。戦いのシーンは作品全体を通して壮大に繰り広げられます。アクション・シーンもすべて自分で演じました。



▼エリー・バンバー



 (自身が演じる)ドーヴに関しては、決断の旅です。彼女自身が知ること以上に、もっとたくさんの物語があります。それと、笑いも満載です。



▼ルビー・クルス



 私が演じているキットという役の情熱的なところを大切にしました。彼女はすごく大胆な性格なんです。それに悩みもたくさん抱えています。自分探しをしているんです。誰でもそうだと思いますが、旅を通して、自分について学び、自分を愛することを学ぶ、というものです。



▼アマール・チャーダ・パテル



 魔法のようでした。みんなが長い間見ていなかったあの世界に足を踏み入れることは素晴らしい感覚でした。みんなに見てもらえることにワクワクしています。楽しみにしてもらえることがたくさんあります。



▼デンプシー・ブリク



 僕はとても圧倒されました。最初にセットに入った時は幻覚を見ているのかと思いました。自分の人生で騎士を目にするなんて想像もしていなかったので。10 人くらいの騎士が僕の側を通りすぎて行ったんです。



▼トニー・レヴォロリ



 (前作の)公開時に僕は生まれていましたよ。僕にとっては(本作のセットに入ることは)もっと恐ろしいことでしたよ。だって、この人たちは圧倒的なヒーローで、伝説の人たちでしたから。とても怖かったですね。



▼クリスチャン・スレーター



 ファンタジーやSF 作品が大好きなんです。だからこの作品に参加できるのは正直、本当に夢が叶った思いです。それにみなさんと一緒に仕事ができたのも素晴らしいことでした。あなた(ワーウィック・デイヴィス)は伝説ですから。子どもの頃からずっとあなたを見ていましたよ。ほかのキャストの皆さんもみんなすばらしい。このファミリーの一員になれて、ワクワクしました。とても楽しい役で、驚いたことに、アドリブもたくさんやらせてもらえました。撮影しながら自分たちで作り上げて、楽しかったですね。

カテゴリ