加藤和樹、コメディー舞台に初挑戦「真面目にやればやるほど面白くなる」 先輩俳優の面白さに脱帽

加藤和樹、コメディー舞台に初挑戦「真面目にやればやるほど面白くなる」 先輩俳優の面白さに脱帽

 俳優で歌手の加藤和樹(37)が13日、都内で行われた舞台『裸足で散歩』取材会に登場。高田夏帆、本間ひとし、松尾貴史、戸田恵子たちキャストと共に初の本格コメディー舞台となる同作の魅力を語った。



【写真】迫力ある演技で魅了!初のコメディー作品に挑戦した加藤和樹&高田夏帆



 同作は、新婚夫婦と新居のアパートに暮らす変わり者の住民たちが繰り広げるニール・サイモンによるコメディーの名作。1963年にブロードウェイで初演され、1967年にはニール・サイモン自身が脚色し、主演はロバート・レッドフォード&ジェーン・フォンダ、舞台演出を担当したジーン・サックスが監督を務める映画が公開。ラブコメディーの名作として世界中の人から愛されている。



 加藤は本作について「大爆笑をとるという作品では無いんですけど、クスクスとお客さんの笑い声が漏れて幸せな空間になれるような舞台」と魅力を語り、「新婚生活の中でのドタバタコメディーなので気軽に見ていただきたいなと思います」と呼びかける。



 普段はミュージカルへの出演が多い加藤だが、今回が初の本格コメディー舞台だと話すも「コメディーとは言え、演じるポールは不器用で真面目で堅物なので彼自身が面白いというか、巻き込まれていくさまが面白い。先輩方がすごく面白いことをやってくださるので、それに乗っかるだけというか、真面目にやればやるほど真面目さが面白くなってくるのかなと思います」と語った。



 最後のメッセージでは「劇場に足を運んでみたいなと思えるような作品です。小さな幸せから、小さな笑いから、みなさんの心が豊かになっていく作品だと思いますので、よろしくお願いします!」と呼びかけた。



 同公演は17日から東京・自由劇場で公演し、その後兵庫、大阪、神奈川、東京多摩公演も予定されている。
カテゴリ