ずっと真夜中でいいのに。アニメ初タイアップで輝く余韻の魅力 『雨を告げる漂流団地』挿入歌が流れる本編映像解禁

ずっと真夜中でいいのに。アニメ初タイアップで輝く余韻の魅力 『雨を告げる漂流団地』挿入歌が流れる本編映像解禁

 スタジオコロリド待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が、9月16日にNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーされる。注目されている理由の1つに、アニメ初のタイアップとなる《ずっと真夜中でいいのに。》が、本作の主題歌と挿入歌を書き下ろしているという点。若年層をはじめとした多くのファンを魅了する、ずっと真夜中でいいのに。の魅力と書き下ろし楽曲について、本作の監督を務める石田祐康が想いを明かした。



【動画】いい感じ!公開された挿入歌が流れる本編映像



 同作は、夏の終わりにぴったりの、少年少女らのひと夏の別れの旅の物語。小学6年生の航祐と夏芽は、同じ団地で育った幼なじみ。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。



 その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて…果たして元の世界へ戻れるのか?



 監督を務めるのは『ペンギン・ハイウェイ』で初の長編監督を務め、高い評価を受けた石田祐康。「子どもの気持ち」を大切に描くことに定評がある石田監督が、漂流する団地でのサバイバルを通して子どもたちの葛藤や成長を丁寧に描き出し、夏の終わりにぴったりの作品に仕上がっている。



 若年層から絶大な支持を集める、《ずっと真夜中でいいのに。》。透明感溢れるACAねの歌声と、一度聴いたら耳から離れない中毒性のあるメロディー。そして彼女自身が紡ぐ心の揺れ動く様を的確に捉えた歌詞や、優れたアニメーションの中から見出されるエモーショナルなストーリーは多くの人に刺さり、まさに「沼」である彼女の音楽にハマる人が続出している。



 そんなずっと真夜中でいいのに。が、アニメ初タイアップとなる本作のために書き下ろしたのが、ドラマティックな曲調が印象的な、まさにずとまよらしくエモーショナルに彩る主題歌「消えてしまいそうです」とひと夏の思い出を連想させるようなノスタルジーで爽やかな挿入歌「夏枯れ」である。



 「もともと団地の纏う もの懐かしさや たた住まいがとても好きで監督と盛り上がれて嬉しかった」とACAねがコメントを寄せている通り、楽曲は石田監督とも様々な意見交換を行ったうえで書き下ろされている。



 様々な話をしたという2人だが、石田監督は「団地が持つ時代性としての“懐かしい”イメージを意識しつつ、ずとまよさんの“現代的”なイメージを同居してもらえれば、自ずと昭和から令和までを横断する本作の団地のイメージを代弁できるかも、ということや、挿入歌と主題歌の物語上での必要なバランス・役割、そして夏芽にまつわる気持ちの話、令依菜が出会う場所の話、素直な太志の話、などなどをお話しした気がします」と当時の状況を明かす。



 「本当に良かったです。それは間違いなく」と石田監督が言い切る楽曲については、「『夏枯れ』はまさに漂うような、木陰のハンモックでゆったりするような心地よさがありつつ、そのままでは居られないようなどこか儚さがあります。『挿入歌と主題歌の物語上でのバランス』において、『修学旅行の楽しい中盤を過ぎて、帰りが近づく寂しさ』がよく現れている絶妙なバランスです」と語り、監督自身も制作中に何度も聴いたことを告白。



 主題歌「消えてしまいそうです」については、「そのバランスにおいて旅の最後を飾るにふさわしい楽曲になったと感じました。痛みをあえて力強く肌身に感じながら歌う、その良さがあります。その案配を自分は計りかねてリクエストしていたところがありましたが、回り回ってこうした熱量で歌いきっていただいたことが、挿入歌との対比においても、この物語の特に夏芽と航祐の姿を代弁するのにも、必要なことだったと思います」とその魅力を語る。ずとまよが丁寧に書き下ろした主題歌と挿入歌が、本作で石田監督が描いた少年少女らの別れの旅の物語をさらに深く感じられるような余韻を与えてくれる楽曲であると述べた。



 さらに今回、劇中で挿入歌「夏枯れ」が流れる本編映像が初解禁。石田監督が「あのシーンのあの子達の姿にピッタリで」と語る本映像では、爽やかなメロディーに合わせ、航祐や夏芽たちが漂流する団地の上で生活するひと時を切り取っている。

カテゴリ