長澤まさみ主演『エルピス』カンヌで世界初上映へ 世界最大級の国際映像コンテンツ見本市『MIPCOM』で

長澤まさみ主演『エルピス』カンヌで世界初上映へ 世界最大級の国際映像コンテンツ見本市『MIPCOM』で

 俳優の長澤まさみが主演するカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『エルピス―希望、あるいは災い―』(10月24日スタート、毎週月曜 後10:00)が、10月17日からフランス・カンヌで開催される国際映像コンテンツ見本市『MIPCOM(ミップコム)』において、Asian World Premiere TV Screeningとして世界初上映されることが14日、決定した。



【画像】『エルピス』に出演する鈴木亮平&眞栄田郷敦ら



 カンヌ国際映画祭のメイン会場と同じ、グランド・オーディトリウムにおいて、世界で初めて上映される。60年近い歴史を持つMIPマーケットにおいて、日本ドラマの世界初公開がメインホールで行われるのは、今回が初めてとなる。



 MIPマーケットとは、RXフランスが主催・運営する世界最大級の国際映像コンテンツの見本市・イベントのこと。フランス・カンヌでは毎年4月に『MIPTV(ミップティーヴィ―)』と10月に『MIPCOM』の年2回開催されている。コロナ禍前の2019年に開催された『MIPCOM』には、世界110カ国と地域から約4500社、約1万3800人以上が参加し、世界各国の映像コンテンツ制作会社と、またコンテンツを購入する放送・配信事業主(バイヤー)、さらには共同制作関係者や投資家など映像コンテンツ関係者が集結する一大イベントだ。



 2010年からは公式上映イベントとしてワールドプレミアを開催。これまで、『マッドメン』(アメリカ)、『タイタニック』(イギリス)、『X-ファイル』(アメリカ)、『ROOTS/ルーツ』(アメリカ)などの欧米ドラマが公式上映作品としてワールドプレミアを行ってきた。



 また、カンテレ制作のドラマがAsian World Premiere TV Screeningに選出されたのは、2017年の『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』に続いて2回目となる。



 『エルピス―希望、あるいは災い―』は、実在の複数の事件から着想を得て制作された社会派エンターテインメント。長澤演じる、スキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那と彼女に共鳴した仲間たちが、犯人とされた男の死刑が確定した、女性連続殺人事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く。恵那と共に行動するうだつのあがらない若手ディレクター・岸本拓朗役に眞栄田郷敦、恵那と拓朗の先輩で報道局のエース記者・斎藤正一役に鈴木亮平が、それぞれ決定している。



 日本に先駆けて世界初上映が決定したことについて、主演の長澤は「どんな風に、この作品へ興味を持ってくださる楽しみ」と期待をのぞかせ「観た方の感想が早く聞きたい」と、現地での反応が待ちきれない様子。その上で「この作品のテーマは、共感してくださる方が多くいると思う。コロナ禍で私たちがたくさんのことを経験して来た今だからこそ、響くものがあるようにも思います。物語の目線、人々の多面性、真っ直ぐな想いなど、観る方それぞれの受け取り方でドラマを楽しんでもらえたらうれしいです」と、コメントを寄せた。



■長澤まさみコメント

――日本に先駆けて世界で初上映される感想。

どんな風に、この作品に興味を持ってくださるか楽しみです。

そして、どの国の方にも共感していただけるものになるはずなので、観た方の感想が早く聞きたいです。

撮影はまだまだ続いておりますが、長く愛される作品になるといいなと思いつつ、

目の前の事にキチンと向き合っていきたいです。



――世界の人々に作品をどのように受け取ってほしいか。

この作品のテーマに共感してくださる方が多くいらっしゃると思うんです。

コロナ禍で私たちがたくさんのことを経験して来た今だからこそ、響くものがあるようにも思います。

物語の目線、人々の多面性、真っ直ぐな想いなど、観る方それぞれの受け取り方でドラマを楽しんでもらえたらうれしいです。
カテゴリ