『テッパチ!』最終話あらすじ 馬場(佐野勇斗)のために何をすればいいのか…苦悩する宙(町田啓太)

『テッパチ!』最終話あらすじ 馬場(佐野勇斗)のために何をすればいいのか…苦悩する宙(町田啓太)

 俳優の町田啓太が主演、佐野勇斗が共演するフジテレビ系“水10”ドラマ『テッパチ!』(毎週水曜 後10:00)の最終話が、きょう14日に放送される。



【画像】病気休暇中の馬場(佐野勇斗)…一体どうなってしまうのか



 同作は完全オリジナル企画で、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。



 桜間冬美(白石麻衣)のもとに、病気休暇中だった馬場良成(佐野)から退職届が送られてきた。馬場のために何をすればいいのかわからず苦悩する国生宙(町田)。そんな宙たちのことを心配していた八女純一(北村一輝)は、馬場がいまも病気休暇ということになっていると冬美から教えられる。宙と連絡を取った八女は、馬場の退職届がまだ受理されていないことを伝える。続けて八女は、馬場にしてやれることは何もないが最後まで信じてやることはできる、と告げる。「それがバディってもんだろ。だから先ずはお前がしっかりしろ」。八女は、そう宙に語りかけた。



 八女の言葉で少し前向きになれた宙は、入院中の芝山勝也(水沢林太郎)の見舞いに行く。リハビリを続けていた芝山は、宙の顔を見るなり敵意を向けた。するとそこに風間速人(工藤阿須加)が現れ「宙の話を聞いてやってほしい」と頭を下げる。そのおかげで、宙は芝山と話す機会を得るが「あんたが死ぬ気で何かやってみろ」と激しく拒絶される。



 それから数日後、宙たちは、出動要請を受け、大雨の影響で発生した土砂災害の現場に向かう。初めての土砂撤去作業で、宙は人命救助という重みを感じながら頑張るが…。
カテゴリ