日朝首脳会談から20年、ニッポン放送で報道特番 横田めぐみさん母・早紀江さんに単独インタビュー

日朝首脳会談から20年、ニッポン放送で報道特番 横田めぐみさん母・早紀江さんに単独インタビュー

 ニッポン放送では、10月9日深夜に報道特別番組『拉致被害者帰国から20年~全員奪還、道を拓け』(深1:30)を放送することが決定した。



【写真】蓮池薫さんの単独インタビューもオンエア



 2002年9月17日、小泉純一郎総理大臣(当時)が北朝鮮を電撃訪問し史上初の日朝首脳会談が行われ、北朝鮮が初めて日本人拉致を認めて謝罪。1ヶ月後の10月15日には5人の拉致被害者が24年ぶりに祖国日本に帰国した。



 あれから20年、北朝鮮による日本人拉致問題は、核・ミサイル問題が足かせとなって交渉が途絶え、具体的な進展のないまま今日にいたっている。13歳で拉致された横田めぐみさんをはじめ、残る拉致被害者の帰国が叶わないまま20年の歳月が流れ、横田滋さん(横田めぐみさん父)や飯塚繁雄さん(田口八重子さんの兄)は亡くなり、拉致被害者家族の高齢化が深刻となっている。



 番組では、過去の取材音源から20年の歳月を振り返るとともに、拉致被害者の蓮池薫さんや横田早紀江さんへの単独インタビューを行い、現在の心境、日本政府への本音、拉致問題解決への強い思いに迫る。90年代の金丸訪朝から2002年の小泉訪朝まで、長年北朝鮮外交に従事してきた外務省の元外交官・山本栄二氏や、国会で拉致問題対策特別委員会の委員長を務める長島昭久衆議院議員への取材を行い、拉致問題解決への新たな糸口を探る。
カテゴリ