ダチョウ倶楽部、純烈コンサートにサプライズで登場 歌いながらメンバー全員で熱湯風呂に

ダチョウ倶楽部、純烈コンサートにサプライズで登場 歌いながらメンバー全員で熱湯風呂に

 ダチョウ倶楽部の肥後克広(59)と寺門ジモン(59)が14日、東京・LINE CUBU SHIBUYAで行われたスーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)のコンサート『新・小田井オーディション 2022~家族が勝手に履歴書送っちゃいました~』にサプライズで登場。純烈▼ダチョウ倶楽部(▼=温泉マーク)で熱湯風呂にチャレンジした。



【写真】見事な表情!後上翔太が熱湯風呂に飛び込む瞬間



 コンサート途中のMCで、ダチョウ倶楽部の2人は登場。5度目の紅白歌合戦出場のためには熱湯風呂が必要ということで呼び込まれた。いきなり「プロポーズ」を披露し、元気いっぱいに5人で「ヤー」を披露した。ジモンは「一緒にやれて幸せです!」と笑顔を見せ、いきなり高すぎるキーから入る、大ポカをしてしまった肥後は「しくじってばかりですみません…。『氣志團万博』はしくじらないように」と頭をかいていた。



 また、最年少ということもあり、後上が熱湯風呂に入ることに。ただ、後上は嫌がったため、肥後が代役を買って出た。そんな肥後の男気に続き、ジモンらが続くと最後は後上が「じゃあ、僕が」と手を挙げ、全員が「どうぞ、どうぞ」。おなじみのテッパンネタで会場を盛り上げた。その後もおなじみのルーティーンを披露しながら後上は見事な熱湯風呂を披露し、爆笑をさらった。



 コンサートの合間に公開取材も行われ、後上は「熱湯風呂に入らせていただいた。自分の人生で熱湯風呂に入る日が来るとは全く想像していなかった」と苦笑い。それでも「映像を頭に残したいなって思うんですけど、偶然なことに今回のコンサートはDVDになるみたいなんです。なのでDVDを自分と両親の分も買って、初熱湯風呂の記念に残したい」と笑顔を見せていた。



 さらに、紅白歌合戦という“本番”に備えて、「白い雲のように」を歌いながら純烈▼ダチョウ倶楽部の6人全員で熱湯風呂に入り、笑わせた。体を張りまくるメンバーたちにジモンは「純烈ってお笑いなの?」と苦笑いだった。



 上島竜兵さんが亡くなった際、ダチョウ倶楽部リーダー・肥後が「ダチョウ倶楽部は解散しません!2人で純烈のオーディションを受けます」とコメント。これを受けて、純烈リーダーの酒井が自身のツイッターで「合格ですよ!推すなって?純烈は推しますよ!」と応え、2組の合体が実現。純烈▼ダチョウ倶楽部(▼=温泉マーク)として楽曲「プロポーズ」が配信され、先月31日には「白い雲のように」の配信も始まった。また、1日に行われた純烈主演の映画『スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免』の初日舞台あいさつの際に肥後は「いつの日か、みんなの前で歌いたい」とオファーし、純烈メンバーも「ぜひぜひ」と快諾していた。
カテゴリ