役所広司主演、福島第一原発事故の実話をドラマ化 Netflixで2023年世界同時配信

役所広司主演、福島第一原発事故の実話をドラマ化 Netflixで2023年世界同時配信

 俳優の役所広司が、動画配信サービス「Netflix」のオリジナルドラマ『THE DAYS』(全8話)で主演を務めることが明らかになった。2011年に起きた福島第一原発事故を事実に忠実に描き出すドラマで、最前線で指揮をとった福島第一原発の吉田昌郎所長をモデルとした人物を演じる。Netflixシリーズとして来年(2023年)、世界同時配信される。



【画像】ヴィム・ヴェンダース監督の映画にも出演した役所



 あの日、あの場所で、本当は何が起こっていたのか。入念なリサーチに基づき、政府、会社組織、そして現場で命を懸ける者たち、異なる三つの視点から事故を克明にとらえ、真実に迫る、緊迫の七日間を臨場感たっぷりに描く。撮影は、ワーナー・ブラザース映画製作のもと、2021年6月から10月にかけて行われた。



 Netflixシリーズ初出演となる役所は「最初は題材が題材なだけに『これをエンターテインメントにしていいのか?』という気持ちがありましたが、プロデューサーの話をお聞きして意義を感じ、出演を決めました」と、語る。



 本作を企画・プロヂュースするのは、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズなど大ヒット作を手がける一方、『はだしのゲン』といった骨太な社会派ドラマを世に送り出してきた増本淳。



 企画意図について「勇気ある者たちが日本の危機に立ち向かったという美談、英雄譚にはしたくありませんでした。4機の原子炉が同時に暴走するという、まさに死の淵に立たざるを得なかった人々が味わった恐怖と不条理をできうる限り事実に忠実に伝えることをテーマとしました。そして、十年以上が経過した今もなお終わりの見えないこの事故の存在を世界の人々に忘れずにいてもらいたいという願いから制作に至りました」と、明かしている。



 役所は「チェルノブイリでさえ経験しなかった全電源喪失といった極限状況下でも信念を持って指揮をとるリーダーですが、英雄として描かれるわけではありません。原子炉が落ち着いた後も続く、事故に対する彼の終わりなき問い、そこにこそ本作の意義があるのだと思います」と、決意の程を語っている。



 監督は、『コード・ブルー』シリーズの監督として増本と長年タッグを組んできた西浦正記と、『リング』シリーズの中田秀夫のダブル体制。



 西浦監督は「映像化には苦労しました。3.11のニュース映像は世界中が目にしている。現実の映像が持つ迫力にどれだけ迫れるかは大きな挑戦でした。とは言え、空撮を多用したハリウッドのディザスター映画のようにはしたくなかった。地を這う者の目線にこだわり、被災した人々の恐怖を少しでも自分のものとして感じてもらえるようにしました。また、役所さんをはじめ、普通の人として演出することも挑戦でした」。



 中田監督は「目に見えない放射線への不安や恐怖感をどう描くか。それが演出上、最重要な点でした。吉田所長以下、現場の方々が知恵と体力を振り絞り、その恐怖に立ち向かって行く。それでも容赦無く放射線量は増大していく。彼らが経験した極限状態の緊迫感を身近に感じてもらうため、我々も事前に実際の建屋内に入り、セットに反映しました。尋常ではない不安や恐怖を抱えつつ『これは仕事だ』と職務を続けた彼らの内面に肉迫したいと常に考えていました」と、コメントを寄せている。
カテゴリ