BLACKPINK、23秒の「Shut Down」MVティザーで強烈インパクト YG「新境地を切り開く曲」

BLACKPINK、23秒の「Shut Down」MVティザーで強烈インパクト YG「新境地を切り開く曲」

 韓国の4人組ガールズグループ・BLACKPINKが2ndアルバム『BORN PINK』(16日発売)でカムバックを目前に控えるなか、14日午前0時にタイトル曲「Shut Down」のミュージックビデオ(MV)ティザーを公開し、大きな反響を呼んでいる。



【写真】BLACKPINKの魅力全開のティザーポスター ソロVer公開



 耳なじみのあるパガニーニのクラシック曲「ラ・カンパネラ」をサンプリングしたメロディーが強烈な中毒性を感じさせ、洗練されたビートの上にROSEが個性的な声で「Keep watching me Shut it Down」と歌う。LISAのジェスチャーがインパクトを増幅させ、余韻を残す。



 メンバーたちの華やかなビジュアルも圧巻。オープンカーに乗ったROSEは自由奔放なエネルギーを放出、ブラックのシャツスタイルのJENNIEはカリスマ性あふれる眼差しを向け、JISOOはヒップなムードを醸し出す。LISAは降り注ぐ雨の中、ガールクラッシュオーラ全開で撃ち抜く。



 MVの背景となる街には、BLACKPINKのヒット曲のタイトルが書かれたオブジェであふれ、ファンと共にした過去の音楽体験を思い出させる。23秒という短い尺ながら、公開から1日半足らずで1400万再生を突破した。



 所属事務所のYGエンターテインメントは「クラシックとトレンディなヒップホップビートの調和が印象的な曲で、BLACKPINKの音楽の新境地を切り開く曲になるだろう」とのコメントを発表している。



 2ndアルバム『BORN PINK』は、16日午後1時にリリース。発売1時間前からYouTubeチャンネルを通じて『カウントダウンパーティー』を開催し、新曲の紹介や今後の活動について語る。10月15・16日には、韓国・ソウルオリンピック公園のKSPO DOMEを皮切りにワールドツアーをスタートする。

カテゴリ