『カンブリア宮殿』800回記念第2弾 激変するエンタメ業界での秋元康氏の挑戦に迫る

『カンブリア宮殿』800回記念第2弾 激変するエンタメ業界での秋元康氏の挑戦に迫る

 作詞家でプロデューサーの秋元康氏が15日、テレビ東京系で放送する経済番組『カンブリア宮殿』(毎週木曜 後11:06)に出演する。前週に引き続き、放送800回記念スペシャルの第2弾となる。



【番組カット】秋元康氏の挑戦に迫る小池栄子



 秋元氏は、激変する時代にもヒットを連発し、50年近くにわたりエンタメ業界の最前線を走ってきた。しかし、エンタメ業界の勢力図が激変している。コロナ禍でネット配信コンテンツの需要が激増し、Netflixは巨額の費用でヒットコンテンツを連発。韓国は音楽グループや映画、配信ドラマで世界を席巻している。日本で数々のヒットを生んできた秋元氏は世界にどう挑戦するのか。



 また、「タテ動画」や「倍速視聴」などここ数年で若者のメディアの見方は激変している。秋元氏も「この半世紀で最大の変化は、若者がテレビを視聴しなくなったこと」と語る。テレビの黄金期を作ってきた秋元氏は、この激変にどう対峙するのか。



 同番組は2006年4月にスタート。誰もが知る大企業はもちろん、ユニークなビジネスで成長する知られざる企業まで幅広く取り上げ、そのトップを始めとする多彩なゲストを招き、作家・村上龍氏の「独自の視点」を通して企業や経営者の本質に迫るなど、ほかの経済番組とは一線を画す存在となっている。また、俳優の小池栄子の等身大の質問も見どころとなっている。
カテゴリ