限定500本!児島ジーンズ全面協力のもとで開発した"クラッシュデニムベルト"が登場

限定500本!児島ジーンズ全面協力のもとで開発した"クラッシュデニムベルト"が登場


時計関連の雑誌「MOOK」を専門とする出版社、「シーズ・ファクトリー」が展開する時計ブランド「アウトライン(OUTLINE)」は、「児島デニム」にダメージ加工を施した新作「クラッシュデニムベルト」税込み定価1万3200円(バネ棒付属)を500本限定で9月下旬に発売する。

「クラッシュデニムベルト」とは



ジーンズ愛好家にとっては聖地のひとつとして知られる「岡山県倉敷市」。

なかでも同市の児島地区はかねてより繊維の街として上質な「児島デニム」を生み出し、国産ジーンズの発祥の地としても知られている。その技術は世界でも認められており、「GUCCI」「LOUIS VUITTON」「DIOR」など名だたる海外ブランドのジーンズも児島地区から生まれたほど。

児島ジーンズの全面協力



そんな同地区にある人気ジーンズメーカーのひとつ「児島ジーンズ」の全面協力を得て、「アウトライン」ではリベットブレスレット、バンブーブレスレットに続く、腕時計用アクセサリー第3弾として「児島デニム」を使った腕時計用ベルト「クラッシュデニムベルト」を開発した。

製造本数は500本



ダメージ加工はすべて手作業で行われているため、製造本数は500本とあまり多くはないが、それらはひとつとして同じものはない。この点も同商品の大きな味わいのひとつと言える。


また、使えば使うほどに味わいが増してくるのも本物のデニムの良さ。そのため、色合いも濃すぎず薄すぎず、色落ち加減についても使うほどに味が出るように、程よい濃さに仕上げてもらったという。

老舗ベルトメーカーがベルトを加工


なお、ベルト自体の加工は日本の老舗ベルトメーカーの「バンビ」が担当。両サイドのステッチにも一番太い糸を使用し、さらに少し生成りのものを使うことで、ヴィンテージ感を強めている。

アップルウォッチに合わせてもオシャレ


そして、長く使えるように裏材には撥水加工を施した天然皮革を施すことで補強しており、様々なスポーツウオッチに付けて楽しめると同時に、アップルウォッチの替えバンドとして合わせてもオシャレだという。

ウオッチメーカーズで先行販売



現在、時計専門のクラウドファンディングサイト「ウオッチメーカーズ」では、人気セレクトショップ「チックタック」と「アウトライン」との初の限定コラボモデル「ネイビーダイバー」の先行予約を9月25日(日)まで実施中だ。


この「クラッシュデニムベルト」の先行販売も同時受け付け中だ。数量限定ながら「ネイビーダイバー」とセットで購入するとさらにお買い得になるうえ、単体でも定価の10%OFFとお得に購入することができる。

なお正式発売は9月下旬頃を予定。「クラッシュデニムベルト」は、「ウオッチライフニュース」のオンラインSHOPのみの限定販売となる。

児島ジーンズの全面協力の下で開発した新作「クラッシュデニムベルト」をチェックしてみて。

ウオッチメーカーズ:https://watchmakers.en-jine.com/
プロジェクト名:1400万円以上を達成した! 超人気ダイバーズがWネームで復活。

(角谷良平)
カテゴリ