ボディメイクのための冷凍焼き芋「ICE TOREIMO」がクラファンにて販売開始

ボディメイクのための冷凍焼き芋「ICE TOREIMO」がクラファンにて販売開始


「Imovation」は、筋トレ・ダイエットを頑張る人を応援するブランド『マッスルさん応援農家「ちからこぶ」』の新商品として、ボディメイク向け冷凍焼き芋「ICE TOREIMO」を9月7日(水)より「CAMPFIRE」にて販売開始した。

ICE TOREIMOについて



「ICE TOREIMO」は筋トレやダイエットに努力をしている人を応援するための冷凍焼き芋だ。

減量やダイエットのために、甘いものを控えている人でも罪悪感なく食べられるように開発したという。


同商品は、カロリーコントロールをしやすくするために、一般的な焼き芋、およそ300gと比べて、小ぶりな100g程度の焼き芋を使用している。

また、調理時間を600Wの電子レンジで2分と短くしたり、保存しやすくするためチャック付きの袋を使用したりするなど、使いやすさにもこだわっている。

同農園おすすめの食べ方は「冷やし焼き芋」。冷凍庫から取り出して、半解凍の状態で食べれば、シャーベット状のお芋スイーツとして、楽しめる。

さつまいもがボディメイクに適する理由



さつまいもは、減量ダイエットに適した食材の一つだという。数ある糖質を含む食材の中で、さつまいもは血糖値の上昇が緩やかな低GI食材だ。


また、食物繊維が豊富であるため、便秘に悩んでいる人の助けとなる食材だ。「ICE TOREIMO」には1本(100g)あたり、3.8gの食物繊維が含まれており、1日に必要な量(※)のおよそ5分の1を摂取できる。

「ICE TOREIMO」は砂糖を一切使用せず焼き上げている。また、人工的な甘味料を使わずに、さつまいもがもつ本来の自然な甘さのみで勝負をしているという。

その他詳細、リターンについては、「CAMPFIRE」のプロジェクトページで確認できる。

筋トレ・ダイエットを応援する冷凍焼き芋「ICE TOREIMO」をチェックしてみては。

CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/
プロジェクト名:筋トレ・ダイエットへ頑張る人を応援するために、美味しい冷凍焼き芋を開発したい

※厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、一日あたりの「目標量」(生活習慣病の発症予防を目的として、現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量)は、18~64歳で男性21g以上、女性18g以上となっている。

(角谷良平)
カテゴリ