横田真悠、橋本環奈&山本舞香と毎日一緒にお風呂「忘れたくても忘れられない」イジられキャラに変化

横田真悠、橋本環奈&山本舞香と毎日一緒にお風呂「忘れたくても忘れられない」イジられキャラに変化

 俳優の橋本環奈、山本舞香、横田真悠が15日、都内で行われたホラー映画『カラダ探し』(10月14日公開)のジャパンプレミアに登場した。



【動画】橋本環奈、山本舞香&横田真悠とのお風呂エピソードに爆笑



 北九州で行われた撮影では、橋本、山本、横田の女子メンバーを中心に仲も深まったそう。横田は「撮影が終わって3人で大浴場に行くのが日課だった。キャストさんと一緒にお風呂に入るのは初めてだった。忘れたくても忘れられない…」と思い返すと、山本は「忘れたいと思うな(笑)」とツッコミ。毎日のように血のりまみれになっていたため、残っていないかチェックし、寝るまで一緒にいることが日々のルーティンだった。



 橋本は「これだけ一緒じゃないと、真悠が人見知りなので、こんなに面白いキャラだと思わなかった。知れば知るほど、面白いし、かわいいし!」と力説。山本は「私らがイジってただけじゃない?」と話し、横田も「そうなんです! ずっとイジられただけなんです」と返すなど、思い出話に花を咲かせていた。



 ジャパンプレミアには、眞栄田郷敦、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、羽住英一郎監督も参加した。



 本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気を博した携帯小説が原作。2014年に村瀬克俊氏による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破した人気作品。



 物語は、主人公の明日香が、ある日学校にいるはずのない幼い少女から「ワタシのカラダ、探して」と不気味な言葉をかけられたことから始まる。その日深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香はクラスメイト5人とともに深夜の学校に。その後突如全身が血で染まった少女”赤い人”が現れ、全員を次々に殺していく…。そしてその日から、6人は同じ日を繰り返すこととなるのだった。明日を迎える唯一の方法は、校内に隠された、とある少女のバラバラにされた“カラダ”をすべて見つけ出すことだった。

カテゴリ