搾汁後の柑橘果皮から抽出した精油を活用!伊予柑とレモンのハンドクリームが登場

搾汁後の柑橘果皮から抽出した精油を活用!伊予柑とレモンのハンドクリームが登場


無茶々園の展開するyaetocoから、搾汁後の柑橘果皮から抽出した精油を活用した「伊予柑しっとりハンドクリーム」「さわやかレモンのハンドクリーム」が、9月12日(月)より発売中だ。

yaetoco



無茶々園は40年以上にわたって愛媛県で環境保全型農業に取り組む生産者団体だ。“無茶々園の柑橘を使って、新しい価値をつくりたい。たくさんの人に明浜のことを伝えたい”という想いを背景にyaetoco は生まれた。


明浜狩浜地区の秋祭りのかけ声「やー、えーとこー!(浜は良いところ)」が名前の由来。柑橘のさわやかな香り、安心して使えるシンプルな処方、こだわりをもって作りあげた使用感。使う人が笑顔になってくれるものづくりを心がけている。

アップサイクルアイテムとして誕生!



「伊予柑しっとりハンドクリーム」「さわやかレモンのハンドクリーム」は、無茶々園の生産者が育てた柑橘(伊予柑/レモン)から抽出した精油と、その副産物である蒸留水を主原料として製造したハンドクリーム。香りづけに使用している精油(※1)は、果汁を搾った後に残る果皮を蒸留して抽出したもの。“畑でできたものを余すことなく”をコンセプトにしたアップサイクルアイテムとなっている。価格は、各770円(税込)。


こだわったのは、ちょうどよい使用感と柑橘らしい香りの良さを活かすこと。なめらかで伸びのよいクリームは、しっかりとした保湿感を持ちながらベタつかず、仕事や家事の合間に使うのにとても便利!基材には、精油抽出の際に副産物でできる蒸留水(※2)をたっぷり使用している。


内容量は20gと、いずれもワンシーズンで使い切れる手のひらサイズ。ポーチやバッグの中でも邪魔にならず、持ち運びやすいのもうれしい!ちょっとしたプレゼントとしてもおすすめだ。

甘くやさしい香りに癒される伊予柑と、フレッシュでさわやかな香りを楽しむレモンの2種のハンドクリームを好みで選んでみて。

【「伊予柑しっとりハンドクリーム」全成分】
イヨカン果皮水、セテアリルアルコール、ホホバ種子油、スクワラン、グリセリン、野菜油、ペンチレングリコール、セテアリルグルコシド、イヨカン果皮油、キサンタンガム、ハチミツ、ユズ種子油、トコフェロール、ヒメコウジ葉エキス

【「さわやかレモンのハンドクリーム」全成分】
レモン果皮水、セテアリルアルコール、ホホバ種子油、スクワラン、グリセリン、野菜油、ペンチレングリコール、セテアリルグルコシド、レモン果皮油、キサンタンガム、ハチミツ、ユズ種子油、トコフェロール、ヒメコウジ葉エキス、ヒポファエラムノイデス果実油

無茶々園:https://www.muchachaen.jp/
yaetoco:https://yaetoco.jp/

※1 イヨカン果皮油(伊予柑しっとりハンドクリーム)、レモン果皮油(さわやかレモンのハンドクリーム)
※2 イヨカン果皮水(伊予柑しっとりハンドクリーム)、レモン果皮水(さわやかレモンのハンドクリーム)

(江崎貴子)
カテゴリ