氷川きよし、4劇場90公演完遂に感極まる「歴史的な時間を作ることができました」

氷川きよし、4劇場90公演完遂に感極まる「歴史的な時間を作ることができました」

 歌手・氷川きよしが15日、名古屋・御園座で座長公演『氷川きよし特別公演』の大千穐楽を迎え、4劇場全90公演を完遂した。



【写真】大千穐楽で拍手喝采を浴びる氷川きよし



 公演は第1部の舞台「ケイト・シモンの舞踏会 ~時間旅行でボンジュール~」と、第2部「氷川きよしコンサート2022 in 御園座」の2部構成。6月は東京・明治座、7月は大阪・新歌舞伎座、8月は福岡・博多座、そして9月は名古屋・御園座と4つの劇場を回った。



 大千穐楽では、第1部の舞台から感極まり、涙で言葉を詰まらせた。第2部終了後のカーテンコールでは「大きなプロジェクトでした」と感無量の様子。「全90公演を中止しないよう、強い心と強気でやっていこうと誓いました。5月から始まった稽古では、マスクとフェイスシールドをして戦いました。稽古を終えたら、まっすぐ家に帰って…。本当に、(共演者との)愛と気持ちと一つになって歴史的な時間を作ることができました」と感謝した。



 毎日手書きのメッセージを残してくれた制作スタッフがいたことも紹介すると、「小さなこころ遣いがありがたかった」としみじみ。最後は第1部のテーマ曲でもある「革命前夜」を熱唱し、出演者全員による三方礼で締めくくった。
カテゴリ