有村架純&中村倫也『塩介と甘実』に出演決定 本編最終回の“その後”を描く

有村架純&中村倫也『塩介と甘実』に出演決定 本編最終回の“その後”を描く

 TBS系金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(毎週金曜 後10:00)の放送終了後に、動画配信サービス「Paravi」で独占配信されるスピンオフ、Paraviオリジナルストーリー『塩介と甘実―蕎麦ができるまで探偵―』の最終回に本編の主演を務める石田硝子役の有村架純、羽根岡佳男役の中村倫也の出演が決定した。



【場面カット】最終話ゲストとして登場する馬場園梓



 『石子と羽男』に登場する「潮法律事務所」の近くにある「そば処 塩崎」が舞台。そこで働く、塩崎啓介(おいでやす小田)、通称“塩介(しおすけ)”は、司法試験に落ち続ける崖っぷちパラリーガル・石田硝子(有村架純)と、高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村倫也)がトラブルを解決していく姿に憧れ、「トラブル解決承ります、蕎麦ができるまでに!」という裏メニューを用意。常連客の甘露果也実(乃木坂46・久保史緒里)、通称“甘実(あまみ)”とともに、注文された蕎麦が出来上がるまでの時間で、店を訪れる客の悩みやトラブルを推理で解決しようと奮闘する。



 有村と中村は、どのような場面での出演となるのかは放送で明らかとなる。本編の最終回の“その後”もちょっぴり描かれている『塩介と甘実』の結末に注目だ。そのほか最終話ゲストに塩介の幼なじみの國枝律奈を演じる馬場園梓の出演も決定した。



■最終話あらすじ

甘実(久保史緒里)がカナダに留学してから1年と少し。甘実なしではまともな推理ができないと悟った塩介(おいでやす小田)は、「そば処 塩崎」の裏メニューを封印していた。ところがこの日、来店した塩介の幼なじみの國枝律奈(馬場園梓)が強引に裏メニューを注文! SNSに投稿した子育て日記のせいで小学生の娘が学校でイジメを受けていると悩みを訴える。塩介は、自分にはトラブル解決は無理だと弱気になるが…。一方で、石子(有村架純)と羽男(中村倫也)から塩介に電話が掛かってきて…。
カテゴリ