30歳以上の独身女性限定の『2022ミス・ジャパンプレミアム』初代GPに上原麻里さん 5歳のシングルマザーが栄冠

30歳以上の独身女性限定の『2022ミス・ジャパンプレミアム』初代GPに上原麻里さん 5歳のシングルマザーが栄冠

 今年初めて開催された『2022ミス・ジャパンプレミアム』の最終選考会が16日、都内で開催され、ファイナリスト16人から神奈川県代表の会社員・上原麻里(うえはら・まり/40)さんがグランプリに選出された。



【動画】条件は30歳以上・独身/シングルマザーが初代GPを掴む!上原麻里が2022ミス・ジャパン・プレミアムでグランプリに輝く



 審査は、1stセッションでカジュアルウェアを着てウォーキング。TOP5が決まり、20秒スピーチ、ドレスでのウォーキングを経て、グランプリが決まった。



 栄冠を勝ち取った上原さんは「家族や友人、周りの皆様の支えがあってこそ、このステージに立てたと思っております」と感謝した。昨年は別のミスコンに出場。「その際にTOP5に入ることができなかったんですけど、大人になってから、こんなに一生懸命、自分と向き合って頑張ることってできることじゃない。学びを得ました。今回、『ミス・ジャパンプレミアム』として30歳以上が出場できる大会が第1回目だった。もう1度だけ挑戦したい気持ちがあった」とエントリーした理由を語った。「いくつになっても挑戦することは意義があると思います」と力強く語っていた。



 実は5歳の子どもがいるシングルマザー。上原さんは「息子の成長を見ることが1番の楽しみです」と笑顔を見せていた。



 初開催の『2022ミス・ジャパンプレミアム』の出場条件は、30歳以上の独身女性。応募総数約1100人からファイナリスト16人が選出され、この日に開催された日本大会に出場した。

カテゴリ