田中卓志、母・三枝子さんの遺言に涙 相方・山根良顕も悲しむ「もう会えない。新しい声を聞くこともない」

田中卓志、母・三枝子さんの遺言に涙 相方・山根良顕も悲しむ「もう会えない。新しい声を聞くこともない」

 お笑いコンビ・アンガールズが、16日放送のTBS系『中居正広の金スマスペシャル』(後8:00)に出演。田中卓志(46)は、1年間言えなかったこととして、最愛の母・三枝子さん(享年69)が昨年5月亡くなっていたことを告白し、テレビで初めて涙を見せた。



【映像】昨年には…母撮影の実家動画を公開していたアンガールズ田中



 これまで言えなかった理由として「直後に言うことで、気持ちがズンとなっちゃう。バラエティーで仕事をする以上、気持ちが沈むと、なかなか仕事にならなくて。気持ちの整理がつかないと言えないなと…」と回顧。「去年の2月くらい。がんだみたいな感じで言われたと。希少がんで、あんまり治療方法がない。余命1年、長くて2年くらいだろう」と会話を振り返った。



 「神経内分泌がん」という希少がんだったようで「発覚してから、頻繁に連絡取っていたんだけど、コロナ禍もあって、世間的にも余計な移動をするなと。その期間会えていないのが、ちょっと恨みましたね」と語った。



 兄からの電話で、母の死を知ったという田中は「実感がね、その時は湧かなかった。信じられない。こればっかりはちょっとね、予想つかなかった。余命1年って言われたら、1年あるような気がするんだけど、そうじゃない場合もあるっていうことを、もっと感じられたらよかった。次の日に帰った時に、ちょっとショックがきました」と回顧。



 続けて「(母の顔を)見て、その時に初めて実感が湧いた。もうちょっと何かしてあげられなかったかなみたいなことは思いました」と涙ながらに打ち明けた。「伝えられなかった言葉」についての質問では「『ありがとう』ということですね。生きている時に『ありがとう』って言ったら、死んじゃうのかなみたいな感じになるから、言ってない」と明かしていた。



 母のエンディングノートには、田中へのメッセージが遺されていた。「早く結婚して家庭を作ってください。ひとりだと、ゴミ屋敷でどうしているか心配です。しごとはほどほどにして、家に帰ってきんさい。田舎もいいですよ。ありがとう」。堪えきれず、山根良顕も涙をこらえて「さみしいですね。自分の母親じゃないですけど、もう会えない。新しい声を聞くこともないし、ロケでお風呂に入ることもないんだな」と思いを紡いでいた。
カテゴリ