木村文乃、真っ赤なドレスでドレスアップ 再集結した“七人の秘書”キャラクター写真

木村文乃、真っ赤なドレスでドレスアップ 再集結した“七人の秘書”キャラクター写真

 テレビ朝日系で放送された連続ドラマを映画化した『七人の秘書 THE MOVIE』(10月7日公開)に登場する“七人の秘書”たちのキャラクター写真が解禁となった。ドラマで描かれてきた最強で個性豊かな七人を改めて紹介する。



【画像】ほか6人のキャラクター写真



 表では、名もなき秘書として働き、裏では「類い稀な潜入スキル」、「極秘情報ネットワークへのアクセス能力」、そして時には「秘めた高い身体能力」を駆使して、人知れず弱きものを救う“影の軍団”として暗躍する――「ドクターX」シリーズの脚本家・中園ミホによる「現代版・必殺仕事人」ともいえる『七人の秘書』。



 ドラマで政界のドンを辞任に追いやった秘書たちのもとに、新たな依頼が舞い込む。今度のターゲットは信州一帯を支配する「九十九ファミリー」。表の顔は経済を潤してくれる地元の名家だが、実はその裏の顔は国家とつながり私腹を肥やすためには手段を厭わない極悪一家だった…。



 木村文乃が演じる主人公・望月千代は、元銀行秘書で秘書としての高いスキルに加えて、家計を支えるために働いていた銀座のクラブではNo.1になるほどの洞察力と会話力を持ち、相手を手玉にとることに長けている。劇中でもその持ち前の会話力である驚愕の秘密を引き出すことに。七人のリーダー的存在でもある。今回、真っ赤なドレスで豪華にドレスアップした千代の姿が公開された。



 広瀬アリス演じる照井七菜は銀行で秘書として働いている。のんびりしている性格で仕事ができるタイプではないが、その素朴な人柄で機密情報をいつの間にか聞き出してしまう。ドラマではことごとく男運が悪い七菜だったが、今作では九十九次郎(濱田岳)と結婚宣言。幸せになれるのか?



 菜々緒演じる長谷不二子は元警察秘書。正義感が強く、捜査一課の刑事だった時に男社会の組織の中で苦しんだ経験から秘書軍団に入る。警察のネットワークと空手を駆使して、武力行使してくるターゲットを制圧していく。写真でもビシッと決めた姿を披露しており、さらにスケールアップした不二子のアクションにスカッとすること間違いなし。



 シム・ウンギョン演じるパク・サランは元・病院秘書。医療の知識は豊富だが、経済的困窮のため医師の道を断念した過去をもつ。ハッキングによる情報取集を担当している。決めせりふの「懲らしめてやりましょう」は月日がたった今も健在。黒いスーツに身を包み九十九道山(笑福亭鶴瓶)の秘書として潜入する。



 大島優子演じる風間三和は元・都知事秘書。都知事のメディア戦略指南、手話通訳を務め、語学と剣道の心得もある。実家の風間グループとは疎遠でも、時にそのコネクションを利用してまで作戦遂行する。萬(江口洋介)にほのかな想いを寄せる。



 室井滋演じる鰐淵五月は元・政治家秘書。家政婦としてターゲットの家や拠点に潜り込み、不正の証拠を集める。メイド姿の写真も解禁され、今回は九十九家のお屋敷に潜入し内情を調査する。



 江口洋介演じる萬敬太郎は元・政治家秘書。彼女らが集う「ラーメン萬」の店主であり、副業は司法書士。秘書軍団の元締めとして依頼人の救済を請け負う。決めせりふは「ここからは引き取らせてもらおうか」。今回のミッションで訪れた九十九家で萬と旧知の仲である九十九美都子(吉瀬美智子)と再会する。普段のTシャツに頭にタオルを巻いたラーメン屋の店主の姿から一変、今作ではタキシードで決める萬の姿も。



 雪深き信州の山に向かった七人は、絶体絶命で史上最高難易度のミッションに直面する。そして裏に隠された決して知られてはいけない秘密とは? “名乗るほどの者ではない”秘書たち七人の活躍が楽しみだ。
カテゴリ