松本穂香&玉城ティナW主演、渡邊圭祐共演 恋人同士で観たら危険な映画『恋のいばら』公開決定

松本穂香&玉城ティナW主演、渡邊圭祐共演 恋人同士で観たら危険な映画『恋のいばら』公開決定

 俳優の松本穂香、玉城ティナがダブル主演、渡邊圭祐が共演する映画『恋のいばら』が、2023年1月に全国公開されることが発表された。「元カレの今カノを知りたい」というどこか心当たりのある感情が随所に散りばめられている本作。嫉妬や恋心を、繊細かつエキセントリックに映し出すのは、『アルプススタンドのはしの方』、『女子高生に殺されたい』、『ビリーバーズ』など、公開予定作品を含め、今年だけでも脚本または監督を務めた作品が6本も公開される城定秀夫監督。ガーリー&ダークなティザービジュアルも解禁となった。



【画像】“疑惑”のカレを演じる渡邊圭祐



 図書館で働く富田桃(松本)は、突然、フラれてしまった元カレ・湯川健太朗(渡邊)のSNS を見て、今カノ・莉子(玉城)の存在を知る。自分とは正反対のイマドキな洗練された莉子に興味を持ち、調べていくうちに、本人を特定。“ある理由”で、莉子に直接会いに行ってしまう…。今カノ・真島莉子と対峙した桃は言う。「リベンジポルノって知っていますか?」。そして「彼が撮った二人の秘密の写真データを取り返したい…あと、あなたも撮られてないですか…」と。元カノと今カノ。出会うはずがないふたりが出会い、“秘密の共犯”が始まろうとしている――。



 元カノ・桃役を演じる松本は、初の城定組参加、玉城ティナとの初共演について、「初めての城定組、不思議な空気感で楽しみながら演じさせていただきました。玉城ティナさんとは、ほぼ初めましてでしたが、ティナさんの人柄とその美しさにたくさん助けられながら、桃という人間を作り上げることができたと思っています」と、コメント。



 今カノ・莉子役を演じる玉城は、「桃役を演じられた松本穂香さんとのシーンが多かったので、二人の関係性の移ろい方なども二人で話し合いつつ、城定監督の思う世界観を作り上げていきました。元彼の、今カノ、という立場でしたが、3人のでこぼこな関係が、どうスクリーンに映るか、楽しみです」と撮影時を振り返っている。



 元カノ、今カノの二人をつなぐ、“疑惑”のある彼氏・健太朗役を演じる渡邊は「女性に対する性の感性の歪みと、モノに対する美しいという感性の折り合いをつけようとした時に、罪悪感を持たない健太朗という男性を演じさせていただきました。その罪悪感のなさと歪みで出会う桃と莉子の2人の結論と、3人の折り合いのつけ方を想像しながら観ていただければと思います」と、見どころを語っている。



 脚本は、『愛がなんだ』(今泉力哉監督)、『Arc アーク』(石川慶監督)や、2023年公開予定の映画『ちひろさん』(今泉監督)などで脚本を勤める澤井香織が城定監督と共に担当する。



 今回、解禁されたティザービジュアルを撮影したのは、2017年に自身初の個展「GINGER ALE」を開催し、翌年初作品集『light years -光年-』を発表、雑誌や広告などで活動する写真家の石田真澄。美しくもどこか不穏な空気をまとったビジュアルは、どんな恋のいばら道が待ち受けているのか、気になる仕上がりになっている。
カテゴリ