染野有来「キスマークじゃないです!」 オフショットのネット反響に弁解

染野有来「キスマークじゃないです!」 オフショットのネット反響に弁解

 俳優の染野有来(22)が17日、都内で行われた自身の1st写真集『ユメノソラ』発売記念お渡し会前取材会に登場した。



【全身ショット】パックリ美背中があらわに…白ワンピで登場した染野有来



 2020年に『ヤングマガジン』の表紙&巻頭でグラビアデビューを果たしてから2年半、ついに決まった1st写真集は自身が企画段階から加わり、さまざまなアイデアが採用された。トレードマークの長い髪を撮影中にばっさりと切り、これまで通りの素朴でかわいらしい姿から、ショートカットの艶やかでセクシーな姿まで、すべてを解禁している。



 撮影での思い出を聞かれた染野は「撮影の序盤で胸のところを蚊に刺されてしまった」といい、インスタでオフショットを投稿したところ蚊に刺されてしまい赤くなっている部分をキスマークだと誤解されたことを明かす。そのコメントを見た染野は「笑っちゃいました」と振り返りつつ「キスマークじゃないんです! ここで言っておきます!」と必死にアピールしていた。



 また屋上で撮影したシーンも、パーティーしていると誤解されたそうで「屋上パーティーしているイケイケな女の子みたいなイメージになっていないか心配です(笑)」と案じていた。



 染野は14歳で『JUNON ガールズコンテスト』グランプリを受賞し芸能界入り。フジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』のイマドキレポーターを務め、『オオカミくんには騙されない』のほか、ドラマ『プロミス・シンデレラ』『サレタガワのブルー』、映画『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』などに出演してきた。
カテゴリ