見取り図、地元大阪でアイドルさながら“キュートポーズ” 二度目のトロッコ乗車で「余裕が出てきた」

見取り図、地元大阪でアイドルさながら“キュートポーズ” 二度目のトロッコ乗車で「余裕が出てきた」

 お笑いコンビ・見取り図(盛山晋太郎、リリー)が17日、大阪城ホールで行われたお笑いフェス『LIVE STAND 22-23 OSAKA』に登場した。エンディングではトロッコに乗る演出で楽しませ、地元・大阪でアイドルさながらの人気ぶりを示した。



【集合ショット】思い思いにポーズ!囲み取材に登場した見取り図&ミルクボーイ



 同フェスは、吉本興業が主催して2007年~10年に開催された日本最大級のお笑いフェスで、今年12年ぶりに復活した。東京公演が8月19日~21日に千葉・幕張メッセで開催されたのに続き、あす18日まで大阪城ホールやクールジャパンパーク大阪の各ホールで大阪公演が実現。来年1月14日・15日にはマリンメッセ福岡でも予定される。



 見取り図はこの日のラストプログラム「LIVE STAND GACHI~『ガチ』でロッカーサッカー日本一決定戦!やれんのか!~」でMCを担当した。12年前は出演機会こそあったものの「1分ネタのみだった」と振り返り、盛山は「マイクを握らせていただいた」としみじみ。共演もミルクボーイ、アインシュタインら、大阪のマンゲキ(よしもと漫才劇場)出身組となり、同窓会のような空気に包まれた。



 最後にはトロッコに乗り、ファンにアピール。盛山は「千葉(東京公演)でも乗せていただいた」と言い、応援うちわに書かれた「指ハート」などを「見えたヤツは全部やりました」と満足げ。また、リリーは二度目とあって「余裕が出てきた」とさわやかスマイル。出演後の取材でも報道陣に向けてキュートなポーズを披露していた。
カテゴリ