ミルクボーイ内海、アイドルさながら“エアハグ”で沸かす 相方・駒場とともに12年前から大出世

ミルクボーイ内海、アイドルさながら“エアハグ”で沸かす 相方・駒場とともに12年前から大出世

 お笑いコンビ・ミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が17日、大阪城ホールで行われたお笑いフェス『LIVE STAND 22-23 OSAKA』に登場した。エンディングではトロッコに乗る演出でアイドルのように振る舞い、内海は“エアハグ”を披露した。



【集合ショット】思い思いにポーズ!囲み取材に登場した見取り図&ミルクボーイ



 大阪随一の広さを誇るアリーナで、ミルクボーイが歓声を浴びた。この日のラストプログラム「LIVE STAND GACHI~『ガチ』でロッカーサッカー日本一決定戦!やれんのか!~」に出演し、最後はトロッコで周回した。



 MCを務めた見取り図が東京公演でトロッコを経験済みだったのに対し、ミルクボーイの2人は初めてで、「緊張しました」とあくせく。一方で、見取り図も知らなかったエアハグを知っていたという。エアハグは、相手がいるつもりでハグする仕草のことで、アイドルなどがライブで披露することで知られる。



 出番を終えて、内海が「(応援の)うちわに書いてないのに自分からしました」とエアハグを再現すると、相方の駒場は「キャーともなんともなってなかった」とツッコみ、笑わせた。



 同フェスは、吉本興業が主催して2007年~10年に開催された日本最大級のお笑いフェスで、今年12年ぶりに復活した。東京公演が8月19日~21日に千葉・幕張メッセで開催されたのに続き、あす18日まで大阪城ホールやクールジャパンパーク大阪の各ホールで大阪公演が実現。来年1月14日・15日にはマリンメッセ福岡でも予定される。



 ミルクボーイは12年前を振り返り「俺らは劇場メンバーにも選ばれてなかった」としみじみ。一同からは「大出世!」と感嘆の声が上がった。
カテゴリ