「vガンダムが勝手に組み上がる…!」コマ撮り動画はまるでヒーローの“変身”、1秒間に30コマの大作に反響

「vガンダムが勝手に組み上がる…!」コマ撮り動画はまるでヒーローの“変身”、1秒間に30コマの大作に反響

 昨年、ガンプラを少しずつ動かして撮影を繰り返す「コマ撮り」で、『逃げ恥』の「恋ダンス」やNiziUの「縄跳びダンス」などを発表。ガンダムをはじめとするモビルスーツが、まるで踊っているかのような動画が話題となった。この動画の制作者・雪代さん(@yukishiro__3)の近作は、格納庫を背景にνガンダム【※】が、まるで戦隊もののヒーローのように“変身”し、戦場へ飛び出していくというもの。コマ撮りと言われなければわからない精巧な作りに賞賛の声が集まった。本作制作の裏側の話を聞いた。



【写真49枚】コマ撮りの苦労が伝わってくる…撮影枚数2000枚を1/40に圧縮した「νガンダムができるまで」



【※】「νガンダム」の「ν」は、ギリシア文字の第13文字の「ニュー」



■パーツがきれいにハマる様子を見せたい「この動画(があれば)説明書がいらない」



――先日公開された「νガンダム」のコマ撮り動画が、6000件を超えるいいねを獲得しました。賞賛のコメントも含め、この反応をどのように受け止めていらっしゃいますか?



【雪代】皆さんから、たくさんのいいねや、素敵なコメントをたくさん頂いて、すごくうれしく思っております。特に、「この動画で(があれば)説明書がいらない」というコメントは、うれしかったですし、逆に「なるほどな」と思いました(笑)。こういった反応は、「もっと良いものを作りたい」と次の活力にもつながります。



――まるでヒーローものの変身シーンのように、魅力的にνガンダムが“変身”する(生まれる?)シーンを撮影されています。そもそも、どういった発想から本作を作ろうと思われたのですか?



【雪代】今回のコマ撮りでは、「RG 1/144 機動戦士ガンダムνガンダム[チタニウムフィニッシュ]」を使用したのですが、このキットの素晴らしさが制作のきっかけですね。外装パーツなしでも十分カッコよかったので、ひとつひとつのパーツがちゃんと見えて、きれいににハマる様子を見せたいと思いました。参考にしたわけではないのですが、子どもの頃に観ていたアニメの合体ものから受けたインスピレーションが、頭の片隅にあったかもしれません。



――購入したキットと、ご自身の幼少期の体験が結びついて、アイデアが生まれたわけですね。νガンダム自体には何か思い入れがあったのでしょうか?



【雪代】もともと、アニメの劇中でもメイン機体で活躍していたので好きでした。ただそれ以上にやはり、キットの素晴らしさですね。「チタニウムフィニッシュ」というレアキットならではの、煌びやかさがカッコいい。通常版のキットは数年前に出ていたのですが買わずに我慢した甲斐がありました(笑)。



■1秒間に30コマ以上の写真を使用「ミリ単位で慎重に動かした」



――本作において、ぜひ見てほしいポイントを教えてください。



【雪代】まだ外装パーツがはまっていない状態から、少しずつ形になっていく姿ですね。やはりこのカッコよく、素晴らしいキットだからこそ、このコマ撮りができたと思います。



――確かに、νガンダムの“中身”(?)から、我々の知っている形になっていくシーンは圧巻です。そこも含め本作は、これまでのコマ撮り作品以上に、なめらかかつ、メリハリがあり、νガンダムがいきいきしているように見えましたが、何か工夫をされているのですか?



【雪代】よりなめらかに見えるように1秒間に最低30コマ(枚)は撮りました。そして、撮影カメラをすごく慎重にゆっくりミリ単位で動かしました(笑)。丁寧でなめらかでありながら、スピード感を感じられるように工夫したつもりです。



――1秒間に30コマ…。苦労が目に浮かびます。



【雪代】そうですね。でもそこが苦労したところであり、こだわったところです。今回は定点ではなく、カメラも動いてるのでキットの角度が変わっていくので、パーツをはめ込む位置がわかりやすくなっていると思います。でもその分、背景の角度が足りなくなることがありました。なので背景を急遽追加したり、後処理で誤魔化したりと苦労しました。



――こうした丁寧さや苦労がご自身のレベルアップにつながっているのですね。

【雪代】昨年取材していただいてから、この一年でコマ撮りに対する集中力というか、制作するテンポ感が、変わったような気がします。以前は撮った後の編集で演出などを決めていましたが、最近は撮影中からどう編集するかが見えてきた気がします。



 とはいえ、まだまだ足りないところがたくさんあります。特に「カメラ側の動き」がまだまだ技術的に足りないと痛感していますが、いずれ克服したいと思ってます。



――すばらしい向上心ですね。前回紹介した「恋ダンス」「縄跳びダンス」などモビルスーツ(MS)がやらないようなことを表現する動画から、この「νガンダムができるまで」や、近作の「戦闘前のガンダムのポーズ」「銃を撃つザク」など、より現実的にMSの魅力を伝える作品まで、作風の広がりを感じます。このあたりはなにか意識されているのですか?



【雪代】特に意識はしていませんが、やはりMSを撮る上で影響を受けているかもしれません。アニメで見たポーズや、劇中の演出が好きなので。最近は、マネをすることが多いかもしれませんね。ダンスなどMSがやらないようなことをする動画は、本当は月に一度くらい撮りたいと思いつつ、他のコマ撮りで追いつかないのが現状です(笑)。



――技術的にも作風的にも広がりを見せている雪代さんの今後の作品も楽しみです。



【雪代】ありがとうございます。今後はより誰もマネできないようなコマ撮りを考えております。例えば、空中でキットが組みあがったり、戦闘中に組みあがったり、別の機体がキットを組み立てたり、戦闘中に傷ついていくような動画。可動力をフルに引き出せることが出来るダンスや、もっと背景をこだわって複数人で踊る…みたいなことも考えております。また、撮影もカメラを上下左右に動かせたり、360度撮ってみたりなどを考えています。

 まだまだ技術的に足りないことばかりで、勉強中の身ですが、やりたいことはたくさんあり、時間が足りません(笑)。ただ、これからも、キットの良さを引き出せられるようなコマ撮りを続けていきたいと思います。
カテゴリ